和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

BS11で放送中だからコードギアスについて振り返ってみよう

コードギアスとは

現在BS11で再放送中のコードギアスを視聴しています。

日曜夜7時に2話連続で放映しています。

 

深夜放送だった第1期の放送から、既に10年以上が経過している今作。

僕も同じだけ年を取ったんだなぁとしみじみ思います。

 

知っている方にとっては今更な説明でしょうが、この作品は母を殺され、妹共々外交の道具として使い捨てられた超大国ブリタニアの皇子ルルーシュが、ギアスという超能力を手に入れたことを機に、母国への復讐のため動き出すという物語です。

主に戦闘の舞台となるのは、ブリタニアに占領された日本列島。作中ではニッポンという国名は奪われ、ブリタニアからエリア11という呼び名で管理されており、ニッポン人もイレブンという蔑称で呼ばれています。

(BS11でイレブンイレブン呼ぶのは、巧妙なステマなのかなんなのか)

 

物語の主軸となるのは、主人公ルルーシュと、彼にギアスを与えた謎の少女C.C(シーツー)、主人公が溺愛する妹のナナリー、最後のニッポンの首相の息子であり、ルルーシュ兄妹の幼馴染であり、そしてルルーシュの親友であるスザク

他にも濃いキャラクターたちが沢山登場しますが、最初から最後までメインストーリーに大きく関わってくるのは彼らです。

 

この作品中では、ナイトメアフレームと呼称されるロボットが登場します。

ロボット物では、主人公に特別な機体が与えられ、その戦闘能力を如何なく発揮して活躍するというのが王道だと思います。

 

ですが主人公のルルーシュにはそんな戦闘能力はありません

むしろその扱いは彼に敵対することとなるスザクに与えられることになります。

 

主人公にはロボットによる戦闘が期待されていません。

というのも、彼はそもそも兵士ではなく、指揮官だからです。

作中屈指の頭脳を持って、戦場を操っていくのです。

(まあ、想定外とかイレギュラーには本当に弱いんですが)

 

ですがロボット物のお約束の熱いバトルシーンも、勿論存在します。

第1期11話の『ナリタ攻防戦』は僕的ベストバウトです。

第2期からナイトメアフレームがバンバン空を飛ぶことになるんですが、やっぱり地上戦の高速バトルの方が僕は好きですね。

 

コードギアスのあらすじや特徴、そして表の見どころはこんなところでしょうか。

 

括目してみよ!オレンジ卿の活躍を!

作品の裏の見どころとして逃せないのがやはり、ジェレミア・ゴッドバルト辺境伯、またの名をオレンジ卿の活躍でしょう!

作中屈指のネタキャラ愛されキャラであり、名言も数多い彼。

傲慢、栄華、失脚、改造、そして最後には忠義を見せた、オレンジの中のオレンジ。ナイトオブオレンジ。

 

そんな彼の勇姿を、最初から最後まで見届けるのです!

 

アニメだけでも、ネタキャラでありガチキャラである彼の活躍を見届けることはできますが、可能であればピクチャードラマの彼の独白についても聞いてもらいたい。

彼の行動原理がなんなのか分かるはずですから。

 

 

見てる人も見てない人も見ておくれ

コードギアス全話が劇場版総集編として上映されるらしいのですが、それに備えてこの半年間でBS11で予習していくのもアリだと思います。

復活のルルーシュなんて言う特大イベントも背後には控えていますし。

 

とにかく見てくれ。