和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

僕のゲーム履歴についての話

昨日に引き続きゲームの話。

今回はTVゲームについて。

 

やったことのないタイトル多数

この世に数多あるゲームソフト。

有名どころと言えば多々あるでしょうが、TVゲームのソフトと言われて真っ先に思いつくのがスーパーマリオシリーズではないでしょうか?

日本でマリオと言われてピンとこない若者は、そうそういないと思われます。

僕もスーパーファミコン(SFC)から始まり、ニンテンドー64、あとはゲームキューブ(GC)でプレイしたことがあります。ニンテンドーDSでもやったことがありますね。GCとDSは友人の家でですけど。

カートかパーティかテニスかゴルフかスマブラか、そのような違いはあれど誰もが触れたことのあるタイトルだと思います。

 

他には、日本が誇る2大RPGである、スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト(DQ)』シリーズと『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズですね。

 

僕はこの二つのシリーズをやったことがありません。

 

正確に言えば、DQシリーズはプレイしたことがあるかもしれません。それも二つ。

DQモンスターズ テリーのワンダーランド』と『DQモンスターズ イルorルカ』の二作です。

ちなみにゲームボーイ(GB)版のソフトです。

 

御存じの方も居られるかもしれませんが、DQにおける外伝的作品らしいです。

らしい、というのは、これをプレイしたのは幼少のころであり、僕にとってはこれこそがDQだったからです。

歳を喰ってから友人に外伝的作品だと聞かされた時は衝撃でした。

どちらの作品でもわたぼうorワルぼうを仲間にした段階で満足してしまい、魔物コンプリートすることなくゲームを終えてしまいました。

今思うとダークドレアムまで作っておけば良かったという後悔があります。

 

何が言いたいかというと、『有名RPGの本編なんてやったことないんや!』ということです。

 

金がないんや

このように、僕にはやったことのない有名タイトルのゲームが、結構あります。

 

一世を風靡したソフトや、一度はやったことあるだろというタイトルとは殆ど縁がありませんでした。

 

モンスターハンターなんて、触れたことすらありません。

 

高校時代では周りの学友たちがひたすらモンスターハンターをプレイしていました。1なのか2なのかトライなのかGなのかも分かりませんが、とにかくその熱は凄いものがありました。

僕はその輪の外に居て、その熱狂をボーっと観察するしかありませんでした。

別に興味が無くてやらなかったわけじゃありません。なかったら外から観察なんかしませんし。

 

単純にお金がなかったんですよ。うちビンボーでしたから。

毎月のお小遣いなんてものもない人間からすると、ソフトどころかPSP買う金すらないわけです。

むしろお前らよくそんな金持ってるなと感心した次第です。

ちなみにうちの高校、というか自分の学科、バイト禁止です。密かにやってた奴はいると思いますけど。

 

社会人となった今ならハードとソフト込みで余裕で買えるんですけど、ここで昨日の締めの言葉を再び。

自分の周りに一緒になって遊んでくれるような人間が居ないことが一番の問題です。

 

多人数でやることが前提のゲーム(あってますよね?)の場合、一緒にやってくれる人が居ないと、キツイし寂しいと思うんですよ。

 

一斉風靡したというと、外せないのがパズドラ

大学に入学するとパズドラが一気に流行りました。これもプレイしていません。

自分当時ガラケーだったもんで。スマホになったのは2年の真ん中ぐらいでしょうか。周りのパズドラ熱もかなり冷えていました。

やってみたにはやったんですが、まあ、ハマりませんでしたね

モンストも同文。世間の人との感性が合わないのだろうか?(サンシャイン池崎で爆笑しながら)

 

金がないからフリーゲームをやって育った

パズドラやモンストにはハマりませんでしたが、今はスマホ一台あれば無料ゲームがかなりの数遊べます。多すぎて迷うくらいです。

いい世の中になりました。

 

とはいえ、昔は無料で遊べなかったのかというと、そうではありませんでした。

ビンボーのくせに何故か家にはパソコンがあったおかげ(親の仕事の関係だったようです)で、小学生時代からネット上にあるフリーゲームで沢山遊びました。

金がなければないなりに、遊ぶ工夫というものは出来るものです。

 

思えばこのころから、『ゲームに金を掛けると負けた気がする』精神が育まれていたと思います。ゲームソフトを購入することはありましたが、それは基本中古ですし、買ったらかなりの時間それで遊んでいました。魔界戦記ディスガイアの1作目は、どうにか裏ボスを倒すまで行きましたし。メインキャラLv2000でバール倒すのしんどかったわ。プリニー? 知らん!

 

フリーゲームだと有名どころの『シルフェイド見聞録』や『シルフェイド幻想譚』。

SilverSecond -シルバーセカンド-

↑Smoking WOLFさんが運営するサイト。

特にシルフェイド幻想譚はむしゃぶり尽くすほど遊びましたから。一発目は世界どころか村一つ守ることできませんでしたけど。

モノリスフィア』は元祖ひっぱりハンティングなのでは?と思ったこともあります。

 

ただ守銭奴根性発揮したせいで、リリース直後のシルエットノートといった有料タイトルには手が出なかったんですけど。

社会人となったからにはいずれやりたいですね。どうにか時間ができれば!(至難)

 

他には『デビルソード』シリーズもやりました。

TREASURE TROPHY * 自作フリーゲーム(RPG)ダウンロードサイト *

↑一時はサイト閉鎖されていたのですが、復活してくださいました。感謝!

残念ながら現在はデビルソードシリーズを公開しておりません。

過去にプレイしたことのある方が、『またやりてぇ!』という気持ちをぶつければ、作者様が提供してくださるとのこと。

僕はまだ実家にデータが残っていますから安心です。ふぅ。

上記のサイトにある『出稼ぎ奮闘記』と『エニスの商人』もプレイ済みです。

出稼ぎ奮闘記はマルチエンド方式だけど、自然と鬱エンドは回避できました。わざわざみたら鬱展開だったけどさ。

 

他には『小さな僕等に限り無き羽ばたきを』というゲームが好きでした。

whimsical planet

↑こちらのHPは既に更新が停止されているのですが、現在でも7作品のゲームが公開されています。

『小さな僕等に限り無き羽ばたきを』は他6作品の集大成といえるゲームです。

最低でも4つのゲームをやる必要がありますね。

僕は勿論全てプレイしましたけど(ドヤァ)。

作者のクラバーさんは、この作品を最後にフリーゲーム開発から足を洗ってしまったようですが、その最後に続編の匂いをさせてプンプンさせて終わらせました。

もう続きを見ることは出来ないのかもしれませんが、もし何か巡り合わせがよければ、是非とも続編を拝みたいと思っています。

 

 

とまあこのように、お金がないからやっていたフリーゲームの中にも、心に残る作品たちは沢山あります。 

お金があったら出会わなかったと思うと、むしろ幸運なのかもしれません。

 

人生万事塞翁が馬。何が良いことなのか分かりませんね。

 

ただ、今はひたすら、ゲームする時間が欲しい。