読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

左足ブレーキをやってみたらガチで怖かった件。

左足ブレーキを実践してみた

先日、以下の記事を見つけた。

www.itmedia.co.jp

 

筆者はこの記事の中で『AT車は左足空いてるんやから、それでブレーキ踏めばえんとちゃうん? ほならアクセルとブレーキの踏み間違いなくなるで』という意見を主張している。

 

たしかにMT車と違い、運転中左足はほとんどフリーだ。遊ばせておくのは勿体ないという意見も理解できる。

 

というわけで、実際に左足ブレーキをやってみたので、その感想を書いていく

 

やってみた結果……

最初に結論から述べさせてもらおう。

 

やめた方がいい。

 

やばかった。マジで怖かった。

少なくとも自分には合わないことが分かった。

 

一体何が問題だったのか?

 

1.左右で混乱する

最初にして最大の問題。

普通は、右足をどちらかのペダルに乗せるだけだ。

しかし左足ブレーキを使うということは、左右の足をそれぞれアクセルorブレーキペダルに乗せているということ。

これ、こまめにブレーキとアクセルを踏むような場所ではかなりキツイ

普段通りなら、右足ブレーキ→右足アクセル→右足ブレーキ→……という風に、右足のみで操作する。

左足ブレーキを使う場合、左足ブレーキ→右足アクセル→左足ブレーキ→……となる。

一見問題ないように見えますが、実は大きな問題が潜んでいる。

片足操作の場合、ブレーキとアクセルを同時に踏むということはあり得ない。ブレーキを踏むときは必然的にアクセルを外すことになる。

ですが左足ブレーキの場合、左足でブレーキを踏むときアクセルを緩めるため、右足を外す必要がある。

 

つまり

足ブレーキ(と同時に右足アクセル外す)→右足アクセル(と同時に左足ブレーキ外す)→左足ブレーキ(と同時に右足アクセル外す)→……

となり、左足と右足を同時に使う必要が出てくる

 

え? 『それぐらい余裕じゃん』だって?

 

ふざけんなし!

 

言うなればこれ、『両足使っての旗揚げゲーム』みたいなもんだぞ!

しかも片足操作に慣れているから、余計に難易度が上がっている。

実際に、ブレーキを踏むところなのに、いつもの間隔で右足を踏み込んで、つまりアクセルを踏んでしまったことがあった。

踏み間違えないための左足ブレーキのはずなのに、踏み間違いを起こしてしまったのだ。本末転倒である。

いずれ間違いを起こすゲームを、自動車という超危険物で行うべきではない。

少なくとも慣れてない人間がやる物ではないことが、この点で分かった。

 

2.踏力が分からない

次に問題なのが、左足の場合だと踏み込む力が分からないという点だ。思わず踏み込みすぎてブレーキがかかり過ぎ、『ぐええぇっ!』となった。

意図せず急ブレーキになったり、車体がカックンカックンとなったりする。

追突することはないが、追突される可能性が高くなるため、やはり危険。

 

3.狭く、体が安定しない。

AT車は右足操作前提のため、アクセルとブレーキペダルの位置が近い。

そのため左足ブレーキをしようとすると、かなり窮屈

そして今まで意識したことはなかったが、左足で踏ん張っていた体が、左足ブレーキをすることによって不安定になる。これは今回のチャレンジで一番の収穫だと言える。

 

自動安全ブレーキオナシャス

最初に述べた結論通り、左足ブレーキは危険が一杯だ。

少なくとも慣れていない状態で公道を走るべきではない。

じゃあどこで練習すればいいんだよ?と言われるかもしれないが、それは個々人で見つけてくれ。

 

確かに老後を考えると、片足操作は危険かもしれない。

だが、俺の老後は自動安全ブレーキ機能に任せるんで、自動車業界さんヨロシクゥ!