和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

『嘘喰い』(週刊ヤングジャンプ21号)の感想_お屋形様の本領発揮! そして嘘喰いの真意とは?

今回は久々に『嘘喰い』(週刊ヤングジャンプ21号)の感想を書いていく。

現在は作中最終決戦になるであろう屋形越えという勝負をしている最中。

勝負の内容は『ハンカチ落とし』。その可愛らしい名前とは裏腹に当然のごとく命懸けである。

相手がハンカチを落とすタイミングを読みあうという勝負。

 

掌返し

僕は正直、話が進むまでこの勝負にあまり期待していなかった。

この前に行われた勝負、『エア・ポーカー』の完成度の高さ。これのおかげで屋形越えに関しての期待値というハードルは高くなった。

だというのに、急転直下、反比例するような『立会人バトルロワイヤル』のクオリティの低さが、屋形越えについて不安にさせた。

 

勝負の内容がシンプルであるというのも、また不安要素であった。というのもエア・ポーカーでは今までの勝負と異なり、ゲーム開始時点で全てのルールが開示されていなかった。読者としてはそのルールが何かを予測して楽しむという面があり、またそれが判明してからもどう勝つというのか分からなかったところがあったからだ。もしかしたら主人公・斑目獏ではなく対戦相手であるビンセント・ラロが勝つかもしれないという、ハラハラドキドキ感が、確かにそこにあったからだ。

一方、今回のハンカチ落としではルールが全て開示されており、またお互いに何かイカサマを仕込んでいるような感じもしない。隠された何かを暴くという要素がないように感じたのだ。

事実、序盤では嘘喰いとお屋形様が如何に飛び抜けているかを示すだけだった。このままいけば、どちらのセンスがずば抜けているかを競うだけで終わるだけだったろう。さながらバトルマンガだ。

何より問題なのは、今まで活躍し続けていた両者がショボく見えていたことだろう。今までの超人然とした感じがまるで感じられなくなっていたのだ。

特にお屋形様

バトルシップ編で見せ続けていた他者の心理を完璧に読み取る、手玉にとるその卓越という言葉では足りないような思考力が消え去っていたように見えた。

このことに関してはお屋形様にとっての梶ちゃん枠であるガクトも言及している。その言葉は読者全員の心の代弁だったと言っていいだろう。

 

しかし徐々に勝負の様相は変わっていき、嘘喰いは何かしらの狙いを持って勝負を進めていっていることが判明した。そしてお屋形様がその狙いが何か気付いているという節を見せてきた。

そして遂にお屋形様が以前の超人的な雰囲気を取り戻した。

前回ではただ放送を聞いているのみであった立会人たちの心境を完全に読み取り、今回に至っては、自爆を狙っていたという嘘喰いの読みを完全に外すことに成功したのだ。

屋形越えという最終決戦、そのラスボスに相応しい風格を取り戻したのだった。

さすがだよ迫先生ぃ!

 

嘘喰いの行動推察

さて、ここで一つ気になるのは、果たして嘘喰いは何を狙っていたのか、ということ。

それが分かれば、今回のお屋形様の行動についても何か読めるかもしれない。

今までの描写で嘘喰いのゲーム状況及び思考に関して分かることは以下の通り。

  1. ゲームオーバーまでに投与できる臨死薬は4分量。現在の蓄積は1分量程度。
  2. ゲーム開始前から時間について気にしていた。
  3. 何かしらの狙いを持っている。
  4. 安全策(1分チェック)は残っていないと考えている。
  5. 臨死薬を投与されるつもりだった(不発)。

今回の話では臨死薬を投与されるつもりだったようだが、これは作中で梶ちゃんたちが解説しているように、不合理であると考えられる。

梶ちゃんの言う通り、もし自らの身体を臨死薬の器として考えているなら、自分が真に死なぬ限界まで薬を貯めるのがベストだ。

チェック失敗時に1分量加算されて投与されるので、蓄積が3分量未満で失敗するべき。

しかし嘘喰いはそれを無視して、蓄積が1分程度で投与させようとしていた。

 

この不合理である行動は、嘘喰いが秘めている何らかの策が働いていると考えるべきだろう。

ここはお屋形様の、『3,4回戦のC(チェック)の理由』という言葉から、嘘喰いは3回戦時点からその狙いのために動いていたと考えよう。

 

3回戦では嘘喰いは安全策といえる1分Cを行った。しかしこの段階で既に嘘喰い安全策は残っていないという考えを持っていた。この考えと行動は矛盾するが、嘘喰いに別の狙いがあった、つまり安全策以外の理由で1分Cを行ったのではないか?

1分Cは『安全ではあるが、臨死薬を貯めるリスクがある選択』というもの。ここから安全策という要素を除外すると、『臨死薬を貯める』効果が、1分Cにはある。

これが3回戦の嘘喰いの狙い、なのかもしれない。

 

これが果たして何を意味することになるのか?このゲームの本質はそもそも『如何に臨死薬を貯めないようにするか』である。この行動はその本質に真っ向から逆らっている。

だが今回の5回戦で、嘘喰いの行動が本質から遠ざかったものであることが分かっている。まだ臨死薬の余裕があるというのに、2回目の臨死に望もうとしていたのだから。

4回戦の早期Cも、臨死狙いだったのだろう。今回はそれより早く早期Cしたというのに、お屋形様に潰されてしまった。

 

そこまでして臨死をしたい嘘喰いの狙いというのは何なのか?

結論から言うと、まったく推察できない

1回目は雰囲気読み、2回目で理解読み、3回目で伏線読みが、嘘喰いの楽しみ方だからな。

一応、今年の1月1日9時ごろにうるう秒があったという話を聞いたことがあるから、それを利用するのかな?とか思ったりもしたけど、それを利用したからって何なの?っていうのが、正直な感想である。

これを上手く利用できるというのなら、僕は改めて迫先生の実力に脱帽しなければならない。

うるう秒を利用したという点と、うるう秒がある年に屋形越えを持ってきたという事実に。

今後の嘘喰いからも、目が離せませんねぇ。