読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

典型的なストーカー映画、しかして原典_『恐怖のメロディ』

今回紹介する映画は『恐怖のメロディ』。

ラジオDJである主人公と、その彼を執拗に追い回すストーカー女とのお話を描いたものである。

監督及び主演はクリント・イーストウッド。僕はあまり詳しくないが、西部劇や刑事ものなど多岐に渡って活躍した往年の映画スターである。

この作品が監督として初めて作った作品とのこと。

 

この作品は典型的なストーカー映画であり、今となっては目新しさなどというものはない。ベタ中のベタと言えるだろう。

自分も正直心底楽しめたとは言い難い。

 

しかし今作について調べてみると、衝撃の事実を知った。

この作品は46年前に作成されたもので、当時は未だストーカーという言葉そのものが存在していなかったというのだ

トーカーというものを題材にした先駆者的映画なのである。

 

先も述べたように、僕はクリント・イーストウッドという人物をロクに知らない。しかしこのような作品を作る、先見の明がある人物だということは分かった。

 

現在では凡作といえるかもしれないが、最初というのはそれだけで価値があると思う。

当時この作品を見たという人に、ぜひとも話を聞いてみたいものだ。