読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

FEヒーローズが配信されたけど、やっぱり色々違うな。

ゲーム

任天堂がのキラーコンテンツであるFE(ファイアーエムブレム)シリーズが満を持して、スマートフォン向けアプリとして配信されました。

 

アプリの名はFEヒーローズ。ヒーローズという名が示すように、歴代FEの登場人物たちが勢ぞろいするゲームとなっています。

ファン垂涎ものの仕様となっているはずですが、僕はこのゲームに戦々恐々としていました。

そしてその不安は的中しており、いざ実際にプレイしてみるとそのシステムは従来のものと全く異なっておりました。

 

キャラが死んでも大丈夫! いやそれダメシステム

そもそもこのゲーム。もし従来のシステム通りであるならば、確実にスマホアプリに向いていません。

何を隠そうこのゲームの一番の特徴とは、死んだキャラが生き返らないということです。

シミュレーションRPGとして進められるこのゲームでは、ユニットとして登場するキャラクターのHPが0になると、そのステージから退場します。

ただこのゲームに置いてHP0=退場ではなく、死亡という扱いになり、その後のステージで使うことは出来ません。HPが0になるとステージではなく、ゲームから退場することになるのです。所謂キャラロストですか。

エムブレマーの方々にとっては何を今さら、と言われるでしょうが、このシステムこそが、FEの根幹にあると言えます。むしろ死ななきゃFEと言えません。

 

キャラが死んだら、どれだけ順調にステージが進んでいても、リセットボタンを押さざるを得ません。誰も死なせることなくゲームをクリアするのはエムブレマーにとっては当然のことなのです。

少なくとも一回は、誰も死なせない様にクリアしていることでしょう。

 

その点このFEヒーローズは大丈夫! どれだけ死んでもキャラロストすることはありません! どんどん死なせても大丈夫! 良かったね!

 

 

 

良くねえぇぇぇええ!

いや全然よくねえよ!? 死ななかったらそれFEじゃねぇから! 

死んだらキャラロスト。これFEの常識!

 

じゃあキャラロストすればいいのかっていえば、それもまた違うとは思いますが。

折角課金というか、ガチャを回して手に入れたキャラがロストしてしまったら、まあ精神崩壊待ったなしでしょうし。

 

でもロストしなきゃFEじゃないし……。

やっぱりスマホに向いていないよこのゲーム!

 

命中率と回避の消失 グッバイ剣士&盗賊

次に変わった点で言えば、命中率と回避の概念が消滅したこと。従来では敵の攻撃を回避出きたり、また外したりしていたのですが、それも今回無くなりました。

何でなくしたんだろうと思ったのですが、まあ頻繁に攻撃を外したりしてたらユーザーのイライラが溜まって仕方ないでしょうし、気持ちよくストレスなくゲームをするためには要らないシステムだと判断したのではないでしょうか?

しかしこのシステムの変更によって、ステータスの速さという項目がほぼ死にステになり、技術と幸運に至っては消滅してしまいました。

これにより、回避盾として活躍する場面のあった剣士系キャラの扱いが変わることとなりました。。なんだが悲しい。

 

ドラゴンさんとペガサスさんの足(翼?)が遅くなった

機動力の代名詞がドラゴンナイトペガサスナイト。飛行ユニットゆえ地形を無視し、全キャラ中最高峰の移動力により、遠い所にでもあっという間に移動できるのが彼らであった。

今回、その機動力は見る影もなくなりました、普通の地上ユニットの移動力が2マス。飛行ユニットの移動力もまた、2マス。徒歩と同じだけしか移動できなくなったのでした。

ホントに空飛んでんの君ら?

 

 

FEキャラが出てくる別ゲー

とまあ従来と色々と違う点はあるが、FEの名前を冠して、FEのキャラが沢山出てくる別のゲームとしてやるなら面白いとは思う。

ガチャで星5(最高レアリティ)のキャラが出てこないと攻略は厳しく、星4から星5へのランクアップは現状困難ですが、今ならインストールしてすぐにガチャが4回引けるので、よかったらプレイしたら如何でしょうか?

 

とりあえずは自分が引けた星5マルス(自慢)を鍛え上げねば。