読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

映画:『あなたは私のムコになる』_ベタだけど、だからこそ笑えて面白いラブコメディ

映画-洋画

D-lifeの深夜映画で放送されていたのが、『あなたは私のムコになる』。

 

やり手の編集長として働いていたマーガレットであったが、滞在ビザが切れてしまう事態に陥ってしまう。それを回避するために部下として扱き使っていたアンドリューという青年と偽装結婚することを思いつくところが、お話の始まり。

 

このマーガレットとアンドリューの掛け合いが実に面白い。

ビザ切れが判明する前に、マーガレットの鬼上司ぶりを十分に見せつけている。職場の部下たちは彼女が出社すると、LINEのようなもので登場を告げて、それを見た者たちはいっせいに態度を改めます。部下のアンドリューもわざわざ出社前に彼女が好きなコーヒーを買ってくるという有り様(しかも不測の事態に備えて自分用のコーヒーも同じものを買っている)。不真面目な部下のクビをすぐさま切るなど、部下たちに恐れられている理由が十分に分かります。

アンドリューも彼女を恐れていましたが、彼女に偽装結婚の相手に選ばれてから鬼の首を取ったように、彼女に食って掛かるようになります。移民局の人間に尋問されたときも、その場面を利用して自分の出世に利用するなど、したたかな場面を見せるようになります。立場の弱みに付け込んで、彼女をひざまづかせたりもします。

ここから二人の掛け合いが軽妙になります。上司と部下という立場のあった関係から、偽装とはいえ婚約者という平等な立場になったので、互いに遠慮が無くなります。

これで知ったのですが、偽装結婚はバレたら懲役5年に25万ドルの罰金という、かなりの重罪になるようです。このリスクもアンドリューから遠慮を取っ払った要因に思えます。そのためには移転局の面接をクリアする必要もあるそうです。

 

移転局に赴いてからしばらくは、アンドリューのターンになります。移転局からの面接をクリアするため、互いの内面を知るよう努力します。とはいっても3年間もの間部下として彼女の補佐を務めていたアンドリューのほうが圧倒的に相手のことを知っていたのですが。

その過程で、アラスカにあるアンドリューの実家に訪問することになるのですが、そこでマーガレットはアンドリューがアラスカの実業家の息子(いわゆるボンボン)だということを知ります。

その後は田舎の風習や大家族に戸惑う、お風呂場で裸の所をバッタリ、泳げない設定を生かしての海中落下などの、恋愛ものの鉄板を踏まえていきます。アンドリューの実家にはコール使いが居て、二人のキスを煽るという場面もありました。まさかのコール使い(笑)。

 

二人の掛け合いや田舎の風習に惑わされていくマーガレット(惑わされた挙句ハッちゃける)など笑える場面もありましたが、それでも恋愛ものの王道を通して偽装結婚という建前に足踏みしつつ、二人は近寄っていきます。

職場でのラストシーンは最高でした(笑)。あそこのオフィスの一員になりたいです。

最後の最後のエンドロールのシーンはふざけすぎだと思います(笑)。

 

笑いあり恋愛の、よきラブコメ映画だったと思います。

 

というかこの島の人たちは良い人が多い。アンドリューの元カノも。おばあちゃんも。

個人的に一番好きなキャラはボーイ兼ストリッパー兼雑貨屋兼神父の青年だけどね(笑)。