読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記:グーグル社員の皆様こんにちは_派遣社員以下ってのは、辛いよ。

雑記

Googleとは大波、釈迦、そして斡旋業者

どうやら、はてなブログGoogleとの間でひと悶着(?)あったようです。

 

www.bloglifer.net

 

こちらの記事を拝見して、今回の事態の内容を把握することができました。

ありがとうございます。

 

大雑把に言えば、はてなブログ関連の検索順位が大幅に下がったということ。

はてな界隈の底辺に属する僕からすれば、『だからどうした!? 浪花節か!?』という感じなのですが、はてなブログ上流階級の人々にとっては痛恨のダメージになるかもしれない事態なのです。

 

今まで上流階級の方々は、はてなブロガーだけではなく、検索から流入してきたネットサーファーたちによるアフィリエイト料によって巨万の富を得ていました。

それが今回のグーグル様の決断により、サーファーたちの流入が激減してしまうハメにあってしまったのです。

 

これを見て、『アフィリエイターってのは個人の力で生き抜いている人たちだと思ったけど、そんなことはなかったんだな』という感想が浮かびました。

グーグルのさじ加減1つで、栄光や凋落が決まってしまいます。

それはさながら、釈迦の掌の上で転がされている孫悟空。インターネット界の巨人に抗う術はありません。

 

www.yutorism.jp

 

こちらの記事では、2015年10月地点でのはてなブログ読者数ランキングが発表されています。

ありがたく引用させていただきます。

 

この結果から、いくらはてな界隈で幅を利かせていても、その読者数は万も届いていません。インターネット全ユーザー、Google全ユーザーからすれば微々たるものです。無論読者数=アクセス数ではありませんが、それでも一つの指標にはなると思います。

 

今まで検索流入で稼いできていた人たちというのは、グーグルさんに斡旋されていたと考えるべきなのでしょうかねぇ。

 

ちなみに、僻みや思うところなんかは、一片たりともございません。ええ!

 

吾輩はグーグル社員である。社会保障はまだない

そして次に思ったのが、アフィリエイトというシステムそのものについてです。

 

企業の広告を貼って、それを他のユーザーが踏んだり使用したりすることで、収入を得るシステム。それがアフィリエイト

僕たちブロガーからしたら便利なシステムなのでしょうが、それ以上に企業からすれば便利なシステムであり、我々は便利な人々ということなのでしょう。

 

基本的に広告というものは、リターンが見えにくいものです。商品が売れたからと言って、CMを見たからなのか、チラシを見たからなのか、それともたまたま買われていっただけなのか。

広告とは今まで費用対効果が分かりにくいものでしたが、インターネットがそれを変えました。

広告バナーを経由することによって、どのような経緯で商品が購入されたかが分かるようになりました。少なくとも今まで以上の正確性を持って予測することができます。

 

効果が分かりやすい広告。それがネットの広告バナーといっても過言ではないでしょう。

そしてその宣伝を個人個人にやってもらおうと考え付きました。

それがアフィリエイトです。

 

これの素晴らしい所は、完全歩合制。ようは結果を出さなければ企業側はペイをする必要もないのだ。

しかも今まではお金を払ってリンクを『貼らしてもらっていた』のに、アフィリエイトでは向こうから貼らしてくれと願いに来る。

これは結構でかい。

契約は基本、申し込む方が立場が弱い。以前は『貼らしておくれよ~』とマルちゃん風に頼み、向こうの条件を飲まなければならないのに、今となっては『フン、貼りたいなら条件を飲めよ』と永沢くん風な態度をとることができるのです。

 

Googleアドセンスというのは、まさに企業にとって合理性の塊。

何もしていなくとも、向こうから大量に申請が来るので、それを篩にかけるだけ。何歳でも見れるコンテンツであることを確認したのならば、あとはOKサインを出して広告を貼ってもらうのみ。

僕もアドセンスの広告を貼っているが、それだけではお金は入ってこない。クリックという結果を持ち帰らねばならないのだ。

 

結果が出てから振り込むという方式。優良な個人を探す必要はないのでその分の負担が減り、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる。

そしてGoogleが好きなタイミングで、僕たちをアドセンス登録者を切ることができるのも、ポイントが高いだろう。

 

企業に生殺与奪を握られておきながら、僕たちの立場は派遣社員を低いものと言えるでしょう。アフィリエイターを守ってくれる法律はないでしょうから

僕は幸い(?)就職していますし、それらの広告料で生涯賃金儲けた方も居られるでしょう。

現状一番怖いのは、自立していると思い込んでいるアフィリエイト依存者なのでしょう。

 

勝手に群がり、まずい条件でも契約してくれて、いつでも切ることができる労働者たち。

僕たちはそのことを自覚しておかなければいけないのかもしれません。

今回のはてな・グーグル騒動で影響が出てきた人には、それを知るいい機会なのかもしれません。

アドセンスに頼り切る危険性、などを。

 

ウチのブログ?

影響で出てませんけど何かぁ!?(怒)