和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記:『産後五日で就活開始 学生パパママの壮絶』_壮絶なのは、お前らの両親の方だ!バカ野郎どもが!

昨日、ヤフーニュースでこちらの記事を見つけた。

zasshi.news.yahoo.co.jp

この記事の感想を書いていく。タイトル通り悪口過多というか、悪口しかないと思うので注意されたし。

これを読んで最初に思ったのは

f:id:osyousama:20160409185158p:plain

 

 

この一言に尽きる。

恐らく人生で初めて、このときのジローちゃんの気持ちと一緒だったと思う。彼が怒っているのは目玉焼きについてですのでレベルは違うが。

 

大事なことなのでもう一回言う。

 

お前(ら)…バカか?

 

いやもう本当に。『こいつら一体何を考えているんだ?』ってなりましたからね。『お前ら今まで学校で何を学んできたんだ?』って。

 

突っ込みたい点をまとめていきたいと思う。怒りのあまりまとまっていない可能性があるがそこには目を瞑っていただきたい。

 

避妊しろよ!

学校で習ったことその一。大学生なんだから中学や高校で習うよね。絶対妊娠回避できる方法は致さないことだけなんだけど、それでも色々手段は講じるよね。でも記事中ではこう言っているよね。『できてもおかしくない状況だった』。

 

お前…バカか?(三回目)

 

何が『できてもおかしくない状況だった』だよ!そんな状況だったらそりゃ出来るよ!しかもその後『妊娠の可能性は低いと思ってた』って、それ一体なんだよ?! できてもおかしくない状況で致したのなら、そもそも低いとか高いとかじゃないからな!? お前らそんな感情で妊娠したのかよ!?

上記の発言驚くことなかれ。女性側の発言である。何故妊娠という女性にとって肉体的精神的に限りなく負担の掛かる出来事に対してそんな防御が甘いんだ!?アンタは結局堕胎などせず出産できたからよかったが、それも両親の理解と協力ありきだからな!もし両親が堕胎しろと言って頑なだったらどうするつもりだったんだよ?味方だった両親が敵に回るストレスなんて、お腹の子供に良くないだろ。妊娠ていうのは母体だけでなく子供の命も預かることなんだから、そういうことに男性は勿論、女性はもっと敏感にならなきゃいけないだろ!何でそんなに脇が甘いのさ!?最悪考えたら堕胎した上で妊娠できなくなるかもしれないんだからな。

 

野郎の方もさ、『覚悟はあったけど、実際言われたらパニックになった』って、それ覚悟できてないからね!矛盾に気づきな!それってつまり『覚悟してるよ(ヘラヘラ)』みたいな口だけの言葉じゃねーのか!?

そりゃそうだ。だってお前稼ぎのない学生なんだから!そこだけは正常だぞおい!よかったな!

本当に下半身緩い奴らばかりだな!

 

妊娠・出産は学生の本分ではない

俺は普通本分なんてあまり考えない。大半の人もそうだと思う。実際『学生の本分は勉強である』と言われてるが、じゃあそこまで勉強したのかと尋ねられると疑問符が付く。遊びと勉強の比率では間違いなく前者に傾くだろう。

だがそれでも言えるのは、『妊娠・出産は学生の本分ではない』ということだ。

 

付き合う事や、そこから進んで結婚することは構わない。さっきから妊娠出産について口うるさく言っているが、結婚をしているのなら妊娠しても構わないとは思っている。その段階まで進んでいるということは、夫婦となった各々の両親も二人の事を理解し、把握しているということだ。両親無視して勝手に結婚している奴らは知らん。

俺の古い考えかもしれんし、今とは合わないのかもしれんが、妊娠・出産というのは周囲の人間の理解が『前提』に無ければダメなことだと思っている。結婚というのは、ある種その前提を満たす行為だとも思っている。最近は『でき婚』なんてモンが流行っている(妊娠に流行なんておかしいとは思う)がこれは順番が少し違うのではないかと思う。

 

閑話休題。恐らく殆どの学生は、両親などに学費を払ってもらっているはずだ。奨学金で賄っているという人も居るだろうが、それでも生活費の全てを私費で払っている人は極少数だろう。

つまり何が言いたいかというと、殆どの学生は親のおかげで大学に通えているわけだ。ではそんな両親は子供たちに何を望んでいるのか?勉強かもしれないし、良い所に就職させるためかもしれない。皆が行っているからとか、もっと単純に学歴がいいからかもしれない。

 

だが妊娠や出産させるために行かせる奴はいねーだろ!

 

出資者(親)の望んでいることが本分なのだとしたら、妊娠・出産は間違いなく本文ではない。企業側もそう認識している以上、そんな自分勝手な少数派の為に労を割けるわけがない。

だから『妊娠や出産で就活が大変だ』って言われても、そりゃそうだとしか言えないよ。就活や卒業なんかで大事な時期だって分かってるくせにお前ら計画性なく妊娠したしさせたんだもん。自分には計画性なんてないって言ってるのと同じだからね!?企業側もそりゃ困るわ。

『普通の大学生ではいられなくなる』とか言っているけど、そりゃ普通の大学生ならしないことをしているわけだからな。そんなやつが普通を語ろうなんて、土台無理。

あとお前ら普通に卒業してるけどさ、さっきもいったけどよ、殆どの人間は親に金出して通っているわけよ。どうするつもりだったのよ。学費払わないとか言われたら。

お前ら自分たちが卒業できる前提で話進んでたように思えるけど、退学させられてすぐ働かせられる可能性も十分にあったんだからな。残り一年だから早々辞めさせないとは思うけど、事後承諾である以上結局それは親を頼ってるんじゃなくて、親に甘えているってことだと俺は思うけどね。

あと『育児と就活で疲れて大変で泣いちゃった』って言ってるけど、俺から言える台詞は唯一つ。

自業自得だ。

 

壮絶なのは両親の方

そうそう、これよ。タイトルにも書きこんでいるが、これは間違いないと思っている。少なくともこのニュースの記事内の親の大半は。

取材対象に、妊娠が分かってから両親に行ったの何時ごろなのか?という質問をしていた。ある女性は『妊娠が分かってから二週間後に親に話した』と回答した。

いや、気持ちの整理とか落ち着くためとかで時間が必要なのはあるだろうけど、二週間は遅くねぇか?と思った。だがこれは、その場のメンツ的にこれは早い部類に入るらしい。どうやら俺とは時間間隔が違うらしい

この女性は相当母に怒られたようだ。当然である。仕事で頑張るであろう娘、しかも一人娘を思っての行動だったようだ。仕事と育児の両方を諦めないということを主張に母を説得した言っているが、娘が聞かん坊だったから折れただけのように思える。ちなみにまだ就職していないようなので言った以上、腐らず頑張ってもらいたいものである。まさか両親に泣きついたりはすまい

まあ以上から分かる通り学生の身分で妊娠など、親によってはかなり強い批判を受ける。しかもかなり高い確率で。まだ両親が聞き分けが良くて助かっているが、前述のように最悪ストレスで子供に影響があるので注意されたし。

 

親の心子知らずの一人娘さん。だがこれはまだ可愛い方だろう。ある人物が取った行動に比べれば。

彼女はその時の行動をこう語っていた。

堕ろせなくなる安定期まで黙っとこう(笑い)

 

お前…バカか?(四回目)

 

急にそんなことを聞かされた両親の気持ちを考えろよ!しかももう取り返しのつかない領域にまで至ってるなんてさぁ!もうそこまで来てんなら両親としても協力せざるを得ねーじゃん!

両親からしたら結婚という段階どころか、就職っていう段階すらすっ飛ばして出産しようなんて思って無かっただろうな。

しかもその時の周囲の反応が、『強~い!』って。いや、意味が分からん。むしろその時許した両親のほうが強いだろう。多分見ている景色が違うんだろうなぁ。

子供の学費だけじゃなく、いきなり孫の費用も掛かるとは。祖父母っていうのは大変だね。文句は息子娘たちに言ってね。

『家族計画』(学校で習ったことその二)とか知らないのかなぁ。保健体育や家庭科の授業は、受験に関係ないから寝てたんですかねぇ?

 

子供の立ち位置

これに関しては取材対象だけでなく、取材した方にも聞きたい。子供はハンデなのか!?お前らにとって子供はハンデという認識なのか!?

そうじゃねーだろ!そもそもそういうハンデみたいに扱おうとするなよな!そういうことで子供に負担掛けないように、そして子供が負担だと思わない世に一般家庭は十分な収入や蓄えを手に入れてから結婚や出産を考えてるんじゃねーのか!?

学生だから子供はハンデになる!?ざけんな!だったら何で社会に出るまで待てなかったんだよ!俺は『でき婚』もそうだが、子供をそういう『理由』に使う奴が大っ嫌いなんだよ!

バリバリ働けなくなる?育児っていうのはそれだけ凄いエネルギーが必要なんだよ!洗濯機やら掃除機やら、家事の機械化が進んで必要な労力は減っていくなかで、育児は未だその労力事態は昔から変わってねーんだよ!自分がやるか他人がやるかの違いしかねーんだよ!

お前らの言い分だと、まるで子供の『せいで』やりたい仕事を諦めたように聞こえるんだよなぁ。

 

お前らは『運よく』上手くいっただろうさ。でもお前ら、最悪の事態について想定していたのか?親から見捨てられるとか、大学や企業に就職できなかったとか。

学生の身分で妊娠なんて、最悪そこで縁切られても仕方ない事態だと思うぜ俺は。そうなったらどうするつもりだったのかを聞いてみたい。その事態に対しても明確なビジョンを持っているのかどうかをな。

多分だけどお前ら親なら許してくれるだろうとか考えてたんじゃねーのか?

 

誰の援護もない、そういう最悪な状況でも子供育てられるって、ちゃんと言えたのか!?

 

俺から言えば『会社立ち上げたら偶然上手くいった』のと同じくらい稀有なことなんだよ!

 

 

結論

両親を含んだ周囲の迷惑、また自らが置かれている状況を顧みることなく本能のまま行動している人たちという印象。

取材対象の中には、学費などの全ての費用を己の力で賄った剛の者が居るが、学生全員が出来るわけではない。結局は親に頼る、いや甘えることとなっている。

学生の身分で子供が居ることが何かしらの免罪符のように考えているのかもしれないが、子供は決してそういうものではない。そこをちゃんと理解してもらいたい。

 

おそらく学生結婚で苦労している人も居るから、あまり感化されない方がいいと思う。