読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

ネタバレ:4月2週、マンガワン月曜更新作品(『Helck』『グッド・ナイト・ワールド』『IT'S MY LIFE』)

4月2週月曜日更新のマンガワン作品についてネタバレと感想を書いていきます。

先週の分はこちら↓

osyousama.hatenablog.com

Helck

旅を続けるヘルクピウイ、そしてアンちゃんことヴァミリオ。彼らは魔王軍の者たちと接触し、『人間の王』を暗殺するための行動に移りました。一行の動向は魔王軍の捜索隊の者たちによってアズドラに伝えられることとなっていました。

ある晩、ヘルクとヴァミリオは二人きりで語らいます。彼らは人間の国南部に密かに建設された基地を経由して『人間の王』を討つ予定のようでした。今までの旅を振り返り楽しかったと語る二人。自分たちの力が合わされば『人間の王』を討つことは可能と考えているヴァミリオでしたが、彼女の不安はむしろ『人間の王』討伐後にありました。『人間の王』の支配から解放され、暴走する人間であった者たちを討伐するという、ヘルクにとって余りに辛い戦いなることが予想されたからです。

そのことをヘルクに問いますが、彼は自分が全ての人間を倒すことを決意していました。それを聞いたヴァミリオはヘルクに全てを背負う必要はないこと、そしてヘルクなら自分自身に負けることなく戦いを乗り越えられることを伝えたのでした。

明けて翌日、ヴァミリオを歓待しようと準備する魔王軍の元に、翼の兵士が現れて奇襲を仕掛けたのでした。基地に向かっていたヘルク一行の元に現れた捜索隊の一員はその事実を伝え逃げることを勧めます。その翼の兵士奇襲部隊の中には、ヘルク兄弟の恩人であり、シャルアミの父であるラファエドの姿があったのでした。

 

感想

連載当初では考えられないくらいシリアス分多くなったなぁ。

最初は『人間滅ぼそう』とか『バカァ』とか『高かったんだぞあれ』とか、ギャグテイスト多目、というかギャグ要素しかなかったのに、今となっては刺身とツマに挟まれた大葉くらいの量しかないぞ。まあピウイとアンちゃんがいれば癒しの要素足りえるんだけどさ。

しかしヘルクはどうなるんだろうな。このまま行くと『アンちゃんがヘルクの暴走ぶった切りルート』も十分にあり得るよな。今回の表紙も勇者殺し抱えたアンちゃんだし。

まさかここまで先が気になる作品になるとは。

ふっけぇ!ヘルク、ふっけぇ!

 

グッド・ナイト・ワールド

時は4年前、ゲーム内でもやさぐれていた時期に『イチ』は、後にギルド『海賊団』のギルドマスターになる『ピコ』と出会います。

出会いの場はゲーム内のとある町。親からの反抗心からゲームをやっていた『ピコ』ですが、ゲームを楽しめていませんでした。ゲーム内で笑う周囲の人間たち。そんななか一人暗い表情を浮かべていた『イチ』に興味を持って話しかけました。フレンド登録を持ちかける『ピコ』ですが、その瞬間『イチ』にPK(プレイヤーキル)されてしまったのです。これが二人の出会いでした。

時は戻り、『黄昏の丘』で『ピコ』は『イチ』に敗北したあと、彼女は『赤羽一家』ではなく『海賊団』が『イチ』を笑顔にするはずだったと悔しがります。それを聞いた『イチ』は、勝負に勝った権利として彼女とパーティを組んで、三億円の懸賞金が掛かった『黒い鳥』の捜索に引き入れます。それはすなわち、『海賊団』を『黒い鳥』討伐から手を引かせるということでした。仲間が納得しないという『ピコ』の発言を無視して、『イチ』は『黒い鳥』を探し始めました。

その道中、何故誘ったのか尋ねる『ピコ』。『イチ』が挙げた理由は「一緒に居るのはつまらなくない」というものでした。それを聞いて今度は何故自分の元から去ったのか尋ねます。『イチ』が彼女を拒否した理由、それはかつて彼女が言った「会おう」という発言にありました。この発言はゲームではなく、リアルで会うということなのでしょう。『イチ』はかつてこの誘いを二度断りましたが、それでも『ピコ』は彼に「会いたがっていた」のでした。しかし彼にとってこの誘いはあり得ないもので、そのことを彼女が理解していなかったのでした。

しかし『ピコ』は現実あってこそのゲームだと説き続けます。『海賊団』こそその現実と向き合ったギルドであること、そして『イチ』が現実を否定しようとも、彼女が彼を想う気持ちはやはり現実にあるのでした。

必死の説得を続ける『ピコ』。それを見ていた『イチ』の脳裏に移るのは自分の弟の明日真が操るアバターである『あああああ』の姿。そして『イチ』は反対に、『ピコ』を赤羽一家に誘うのでした

 

感想

あー、こりゃ死んだな『ピコ』ちゃん。

死亡フラグがバッチリ見えるし、死臭がプンプン薫りやがる。

まあ死なずとも意識不明状態に陥るぐらいにはなるだろうなぁ。そんで彼女の意識を取り戻す&復讐のため『黒い鳥』を探す……それ何の.hackで、何処のトライエッジだよ?

つーかググナイ(非公式略称&グ字余り)より今回はちょい足しの世界鬼のその後の方が興味深かったな。人間紆余曲折あって波乱万丈だけど、ハッピーエンドで良かったよ。世界鬼に興味ある人は見てね。結構ボロクソに叩かれてる作品だけど、俺は好きだよ世界鬼。

あ、担当は販促頑張ってください。

 

IT'S MY LIFE

巨大化したノアが現れた。その正体は温泉の魔力を吸い取って成長を続けたスライムでありました。スライムには物理が効きませんが、ノアを食べられたと思ったアストラは蹴りでスライムを圧倒します。入浴中だったので勿論モロだしですが、騎士団の連中は全く気にせずそのアストラの力量を称賛するのでした。

しかしスライムは気にせず女性陣を捕え始めます。魔法道具や杖剣などがないためローズリフは無力でしたが、アンティキティラ族であるエリーゼは魔法でスライムを斃そうとします。しかしカイの「すぐ助けるから待ってろよ!」という男らしいセリフで囚われの身であることを選択したのでした。

カッコいいことを言ったカイですが、彼の頭はアストラお兄ちゃんとの初めての共同作業で一杯だったのでした。その発言に引きながらも魔法なしでは倒せないと冷静にツッこむアストラ。そこで男性陣の中である唯一魔法が使えるドクター・フィールグッドに白羽の矢が立ったのですが、彼は囚われた女性陣のあられもない姿を見るのに忙しく戦力になりませんでした。

放置されている女性陣ですが、その身に害は及んでいませんでした。何故攻撃しないのか疑問に思うリフ。そんな折に頭にデカいタンコブを作ったノアが現れました。無事だったのかと声を掛けるアストラを無視して、彼女は強力な魔法を放ってスライムを散らしたのでした。目の焦点が合ってないノアですが、アストラに頭を撫でられ正気を取り戻しました。ノアは転倒して頭を打ってからの記憶がありませんでした。アストラはノアに注意し、皆の無事を確認しました。エリーゼはノアが教えた覚えのない強力な魔法を使ったことに疑問を持ちます。カイにお姫様抱っこされたままで

その後当初の目的通り温泉を楽しんだご一行。スライムが実は人間と遊びたがっていたことを見抜いたリフは、残ったスライムの核と破片を集めて店にバイトとして置いたのでした。ノアの姿をさせて

 

感想

いやぁ、アストラ様サービス回でしたね。

アストラ様隠す気ゼロですもんね。それだけ本気だということなんだけど。

兄弟という言葉に興奮しまくりのカイ。ぶれない、本当にぶれないねお前は。でもアストラ様一筋だったくせに、エリーゼにもちょっと気持ち揺さぶられたんだろ?この浮気者が!

ドクターも三発殴られていたけど、皆の裸が見れてラッキーじゃん。皆の当初の目的は果たせてよかったよかった。

いつ平穏が壊れるか分からないから、今の内いっぱい遊べばいいと思うよ若人ども(30代男性2人と80代男性一人除く)。