読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記:ショーンK氏について_いまさらだし、詳しくないけど、擁護します

最近、ショーンK氏の学歴詐称についてよく耳にしますね。ハーフじゃなかったとかハーバードじゃなかったとか。

 

こちらの記事でどのような詐称をしたのかをやっと理解できました。ありがとうございます。

dabunmaker.hatenablog.com

 

 

それはいいとして、皆さんに聞いておきたいことがあります。

 

皆、この人のこと知ってたの?

 

いや、最初ニュース見た時思ったんですよ。誰? この人?って。

失礼ながら、まったく見覚えがなかったもので。

 

最初に見たのが確か、Yahoo ニュースで『ショーンK氏 学歴詐称か』みたいな記事の見出しがあって、

f:id:osyousama:20160320115355p:plain(wikipedia出典)

おいおい、ショーンコネリーが学歴詐称してたのかよ

とか見当違いな考えでクリックしちゃったんですよ(ショーンコネリーさんごめんなさい)。それがショーンK氏の初見でした。

 

 

その時は見たことのない無名芸能人だと思ってたので、すぐブラウザバックして別のところをサーフィンしていたんですが、これが殊のほか有名な人だったようで。何でも報道ステーションに出ていたとか。最近見てなかったからなぁ報ステ。古館さんが辞めてからまた見るようにはなるだろうけど。

 

とにかく、ショーンK氏が実はショーン某ですらなく川上某であり、彼の輝かしかった経歴が実は真っ赤なウソだったということが明るみに出たようです。

 

それで次の疑問、

 

何でそんなに怒ってんの?

 

嘘の肩書を使ってテレビに出てたから? 経営コンサルタントで依頼とかしていたから? どっちも怒る理由にならんわ。

 

経歴詐称してテレビに出てたとしても、それでワリを食った人が居るわけじゃないし。仮に居たとしても、怒るのなら彼を持ち上げたメディアにでしょ。この程度の経歴詐称なんて調べればすぐに分かることじゃん。実際今でもバンバン真実の情報が流れてくるわけじゃん。それぐらいガードが緩かったわけじゃん。なのに番組側は彼の経歴を調べたりせずにその肩書きをありがたく使ってたんでしょ?不都合になった瞬間彼をたたき始めたメディアは、まるで『正義は我にあり』みたいな態度だけど、その前にメディアがしていたことは、『裏取り等の精査をせずに、嘘の情報を発信し続けた』ということ。報道ステーションは一体何を報道していたんだ。

 

コンサルタントを頼んでいたとしても同様。肩書だけを信じて依頼したのなら、その経営者はいずれどこかの段階で騙されていたと思うよ。それがたまたま有名人だっただけで。仮にショーン氏を見込んで頼んだとしたなら、その人は見る目がなかっただけ。経営者としては、どちらであっても問題だと思う。むしろ今回は良い勉強になったと思った方がいいだろう。

そもそも彼のアドバイスが余りに的外れなら、依頼などしなかっただろうし。テレビに出ることができたということは、その点の知識に関してはバッチリだったのではなかろうか。

 

 

というわけで、今視聴者の皆さんが怒っている理由が全く分からない。先ほど引用させていただいたこちらの記事でも、彼の努力について言及されている。

ショーンKの努力に敬意を表したい - コバろぐ

努力の方向性は間違えたかもしれないが、誰も彼のことを責める権利はないだろう。真実の彼がどのようなものか、『調べようという努力』すらしていなかったのだから。

 

 

というわけで、誰であっても彼を怒る権利など持っていないのです。

そう、『彼の外見に惚れたというのに、整形だったなんて』と嘆いている方以外は