読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

ネタバレ:3月2週、マンガワン金曜更新分作品(『サツリクルート』)

マンガ マンガ-ネタバレ マンガワン マンガワン-サツリクルート

3月2週金曜更新分作品のネタバレと感想を書いていきます。先週の分はこちらにあります↓

osyousama.hatenablog.com

ただ『モブサイコ』がアニメ化準備のより長期休載に入ったため、しばらく金曜では1作品のみ記事になります。

サツリクルート

オモチャ会社『イヌザラス』のインターンシップの『子供たちに需要のあるオモチャを考える』という課題に臨む蓼丸 カズヤ。彼は幼少のころ、養子になり兄弟となった少年との会話を思い出していました。

プレゼンはカズヤの番になります。先にプレゼンした花観月 哲夫は悪魔からもらった4選択一(ファイナルアンス)』という能力で、子供たちから完璧な統計を取っていました。彼らと同じように悪魔と契約した小川 いずみは、カズヤがそれに対してどのようなオモチャを提案するのか興味を抱いていました。

カズヤは先の花観月のプレゼンを踏襲しつつ、子供たちの欲しいものはバラバラであり多岐に渡ること、そしてそれらの間に大きな人数の差はないことを語ります。カズヤは人数の差が生まれないのは、『趣味の細分化』によって興味が色々な方向に向いてしまっていることに起因すると説明します。一見共通項のないように見える子供たちの欲しいものですが、カズヤはゲームを除いて全て『物』であることに着目します。そこからカズヤが提案した新しいオモチャとは『造れるフィギュア』。3Dプリンターのようなもので子供たちが欲しいものを造れるフィギュアは、出力用のデータをネット販売することで簡単に変わる子供たちの興味に即対応でき、そして自作することにより子供同士のオモチャを巡る争いを減らすことができるとこの提案を述べていきます。魅力を理解した子供たちは、カズヤの提案に賛同の声を上げます。

カズヤの底力に驚く小川と対照的に、自らのプレゼンをダシに使われた花観月は、カズヤの提案が課題の趣旨と合わず、またコスト面の問題などを試験管に指摘しますが、試験管はそれを突っ撥ねます。何故ならカズヤ以外の就活性はただの統計をしていて、『需要のあるオモチャを考える』という議題に沿わない行動をしていたためです。これはカズヤの策によるもので、課題が始まる前にした試験管への質問で『消去(デリート)』をも使用して、課題の内容を『子供たちから欲しいものを聞き出すこと』に誤認させたのでした。これにより唯一課題に則った発表をしたカズヤは、最終試験への直通券をほぼ手中に収めたのでした。

カズヤを称賛する小川 いずみ。カズヤの性格の悪さと能力の使い方について褒めます。カズヤは悪い笑顔を浮かべて自信満々に勝利宣言しますが、そこで小川の能力三点魅惑(スリーポイントチャーム)』が発動され、小川に魅了されてしまいます。花観月と小川に能力を与えた双子の悪魔ムルムルフルフルと会話していたアガリは、二人がフルーレティによってゲームに誘われたのを知ります。

カズヤに能力を掛けた小川は『勝負に勝ったのはセイヤである』と宣言したのでした。

 

感想

前の話を二回ぐらい読み返してやっと気づいたわ。

小川 いずみの、相手を惚れさせる能力の発動条件は三つ。1.会話の中で相手を笑顔にすること。2.相手の口から「すき」という言葉を発させること。3.質問に1つ答えさせること。この三つを満たせれば相手は自分に惚れ、嘘や誤魔化しが利かなくなるという優れ物である。

前回、カズヤが重要な情報をくれた少女と会話していた時、小川が話に加わってきた場面があった。そこで彼女は2と3の条件を満たしていたのだ。彼女はカズヤに『インターンの最終面接への切符が欲しいのか』、『何故兄弟を殺す話なんてしているのか』という質問を出し、カズヤは答えてしまっている。これで3の条件はクリア。そして『何故兄弟を殺す話なんてしているのか』という質問の答えに、カズヤは『殺す気はない』と答えた。無意識だろうが、カズヤは『ころすきはない』と答えてしまったのだ。これで2の条件をクリア。カズヤは知らないうちに彼女の術中に嵌ってしまったのです。トドメはカズヤが今回浮かべた悪い笑顔。これで最後に残った1の条件はクリア。会話中に笑顔を浮かべてしまった彼は、それがトリガーだと気付かなかったのだろう

もしこの推測通りなら、これはかなり厄介な能力だろう。時間が経ったあと別の会話をしたとしても掛かっちゃうんだから。小川の上手い所は1の条件を最初に持ってきたところだな。これで『同じ会話の中で全ての条件を満たさなきゃダメ』って勘違いさせることができた、と思う。

 

次回からは惚れてしまったカズヤ君が見れるよ! 楽しみだね!