読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記:最近注目のマンガ_『アオアシ』『サマーソルトターン』『フルーツ宅配便』『アキオ』

最近自分が新たに注目しているマンガをいくつか紹介していきます。

 

一つ目は現在『週刊スピリッツ』で連載中のサッカーマンガ『アオアシ』。作者は小林 有 吾という方で、月刊少年マガジンで『てんまんアラカルト』などを連載していました。このブログでは毎度おなじみの『マンガワン』で更新スタートがこの作品を知ったきっかけでした。

物語は愛媛のサッカー少年、青井 葦人(あおい あしと)が東京の名門サッカークラブのユースの監督からスカウトされる所から始まります。技術的にはまだまだ荒削りの彼ですが、彼が持つ素質と、サッカーへの熱い思いでプロへの道を駆け上がります。

この作品の特徴は、主人公がヘタという点にあると思います。サッカーをやるだけの最低限の技量はあるのですが、飛びぬけた身体能力もなければ、特別なシュートが打てるわけでもありません。作中でトラップ技術などのレベルアップはしますが、基本的に周囲の人間よりサッカーが上手くないのです。彼に飛びぬけた能力があるとすれば、サッカーIQとでも表現すべきサッカーに対する高い理解力です。知らないことや分からなかったことでも、些細なきっかけから仲間や相手のプレーの意図を見抜き、自らの力とする能力こそが彼の武器です。

技術や身体能力が高い主人公はよく見ますが、サッカーに対する理解力が高い主人公というものを初めて見た自分からすると、この作品は今まで知らなかったサッカーのプレー内容の理解などが出来るこの作品はとても楽しめる作品となっていました。

現在主人公はプロチームの下部組織であるユースで、プロになるべく自らを高めています。彼の活躍が気になった方は是非コミックスをご覧ください。

 

次の作品は現在『月刊少年マガジン』で連載されている水泳マンガ『サマーソルトターン』。原作者に同じく月マガで『蹴児(ケリンジ)』というマンガの原作者を務めた井龍 一。作画を務めるのは保志 レンジ先生。自分は知らないのですが『サクラサク症候群』というマンガを描いていたようです。

この作品は『自らの才能の限界を感じて挫折したかつての天才』を題材に描いたものです。主人公はかつて神童と言われた水泳選手、水野 泳一郎。高校生となった彼は小学生の時に作った自己ベストを超えることができず、超えられないという重圧から水泳を止めてしまいます。水泳から離れた彼ですが、告白して玉砕してしまった幼馴染や、かつての彼に憧れた自称ライバル、そして水泳の楽しさを思い出さしてくれた少女のおかげで、再び水泳を始めることとなったのです。重圧から逃れ水泳を楽しむことを思い出した彼は、かつての自分を乗り越えていきます。

自分の殻を破った主人公の活躍。そして四人の間で起こる恋模様。新たな青春マンガの一つがこの作品です。

この作品の良い所はテンポの良さ。月刊連載ではよく感じる間延び感がこれには全く感じない。昨今のジャンプに見習って欲しいくらいスムーズに、主人公やライバルの成長、そして甘酸っぱい恋が進みます。話が早いほど、内面の描写が軽く感じてしまうこともありますが、この作品では登場人物の気持ちの軽さは全く感じませんでした。試合自体も長引かずサクサク進みストレスなく読み進めることができます。

ただテンポが良すぎたのかこの作品、来月2月に発売の3月号で最終回を迎えてしまうのです。このままでは連載終了してしまうので急いでこの記事を書いたのです。良作が一つ月マガから消えてしまうのですが、変に間延びせず終われるのはよいことなのではないかとも思います。

 

三つ目と四つ目には、現在『ビックコミックオリジナル』で新たに始まった作品、鈴木 良雄作の『フルーツ宅配便』と、村上 たかし作の『アキオ』です。前者は『デリヘル』を題材にしたマンガ、後者は『妻を取られてしまった五十過ぎの中年男性』を描いた作品です。題材だけなら重そうな雰囲気がありますが、どちらもギャグ要素強めの作品になっております。長寿マンガが多いイメージが強い『ビックコミックオリジナル』ですが、最近の新連載には面白いものが多くあります。

『フルーツ宅配便』では様々な事情でデリヘルを始めることとなった女性にスポットを当てて作品が作られています。暗い女性も居れば明るい女性も出てきます。彼女たちの結末もさまざまですが、明るいデリヘル経営者陣たちのおかげで暗すぎることなく作品が作られています。

『アキオ』では娶った若い妻が、昔付き合っていた男性と再び懇ろになったという年老いた男性が描かれています。始まりは暗かったのですが、そこからはコメディタッチで描かれていきます。妻と離婚することとなった主人公アキオが、妻との再婚相手に要求した条件に、皆さん驚き、そして笑うこと間違いなしです。中年男性の悲哀と、そして発想を楽しんでください。

 

以上が今回紹介する四作品です。もし少しでも興味が湧けば読んでみてください。