読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記:『炎の体育会TV』のカメラアングル_メジャーを見習って

本日の夜、TBS系列にて放送された『炎の体育会TV』では、江川のカーブや東尾のシュートといった昔の名選手が投げた魔球と呼ばれた変化球を、ロボットで再現し現在のプロ野球選手と競わせるという企画が行われていました。プロの方が驚いてたことから、変化の大きさか何かが恐らく凄いのでしょう。恐らく、と付けたのはカメラ越しではその変化が如何ほどのものかよく分からなかったからです。横方向に変化する球を横から撮影したのでは、分かろうはずがありません。

思い起こせばプロ野球中継でもカメラアングルは投手と打者を斜から捉えたものでした。縦方向の変化についてはまだ分かりますが、横方向はやはり分かりづらくなっています。その点、メジャーのカメラアングルの中には、俯瞰からの物があります。そのカメラなら横方向の変化の大きさがとても分かりやすいです。

今回の番組企画の趣旨的には、変化球の凄さを視聴者に伝える必要があるため、このメジャー方式のアングルで撮影する必要があると思います。そうしてくれたらもっとこの企画が楽しめたと思います。

 

だって分かりづらかったんだもん。東尾のカミソリシュート。