和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

雑記;プリウスの新CMについて_文句言っているのは、やっぱりおばちゃんなのかな?

一から見直したという新型プリウス。そのCMには昨年ご結婚されて世の女性たちを大いに泣かせた、福山雅治さんが起用されています。

問題に取り上げたいのは、そのCMで福山さんが言う台詞。

 

この車、なんかエロいね

 

あの福山氏の口からこの台詞を聞いただけで、CMに視線が引っ張られるので、効果としては絶大だと思います。

 

しかし昨今のCM事情では、本来このような台詞に対しては風当りが強いはずなのです。

以前、次のような台詞が入ったCMが批判されました。

 

ブラジャーが透けるほど汗を掻いた

 

広末涼子さんが『からだ巡り茶』のCMに出演し、この台詞を言った際には、一部の視聴者の方々からの批判を受けて、急遽別バージョンに差し替えるという事態になりました。

調べた結果、『ブラジャー』という表現が不快に感じたということでした。性的なイメージを受け取ったということでしょう。

 

ならば福山さんの『エロいね』なんて台詞は、もっと性的なイメージを揺さぶられるものだと思うのですが。男の自分ですらドキってするんですから

だったらこの台詞についても批判されてしかるべきなのに、そんな話は微塵も出てきてません

 

これはつまり、広末さんはダメで福山さんならOKという理由があるということなのでしょう。

言い換えると、美女はダメで、イケメンならOKということ。

 

ちなみに、福山雅治さんは女性の年代問わず、抱かれたい男の上位に君臨しています(もしかしたら一位かも)。

女性からの支持は、えげつないものと言えるでしょう。

 

やっぱり、文句言うのはおばちゃんで、美女に僻んで、イケメンには靡いているのかな?と思う今日この頃でした。