読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

ネタバレ:『モブサイコ』『サツリクルート』の感想(15年12月4週マンガワン金曜更新分)

こんばんは。和尚です。

今回はマンガワン金曜更新分作品の、『モブサイコ』『サツリクルート』のネタバレと感想を書いていきます。

 前回の感想とネタバレはこちら↓

osyousama.hatenablog.com

 

・モブサイコ

前回から続く『爪』のボスとの戦い。未だ決着は見えてきません。

モブはボスの心変わりを期待するのを諦めてしまいました。爆発するモブの力。攻撃から甘さが消え、ボスの腕をねじ切り、眼球にまで損傷が及ぶほどの力を出します。

互いの存在が悪影響しか与えないことを悟るモブ。そのためモブの口からは『お互いの負けでいい』という、諦めに近い、いや諦めの言葉が出てきます。

そのモブの力に呼応するように、ボスも100%の力を出します。その力に恐怖するモブ。

そこに師匠・霊幻の、『モブ』という叫びが届きます。そして、モブはボスへの恐怖より、大切なものを失うものの恐怖の方が上回ります。

そして『肉改』という言葉と共に、強大な敵へと立ち向かう勇気を発揮したモブ。

そこで今回のお話は終わりました。

 

話の流れは完全に最終決戦そのものです。サイコヘルメット教やつぼみちゃんという伏線はちゃんと回収されるのでしょうか?

ONEさんの力量に期待して、次回を待ちます。

 

・サツリクルート

 悪魔たちに命を狙われることとなったカズヤ。今回は新キャラ登場からスタート。経験と見解、そして投資。新たな能力者の香りがプンプンします。

所変わって、ファーストフード店で休憩するカズヤ一行。今回は厳龍斎だけでなく、角倉も一緒に就職試験を受けるようです。

しかし浮かない表情の厳龍斎。自分たちが居る店は就職試験を受ける会社の目前にあり、もしかしたら面接官が目を光らせているのでは、という不安があったからです。

その言葉を一蹴するカズヤと角倉。カズヤは没落以前の自分の会社での経験から、角倉は300以上の就活経験から導いた結論でした。

ここで実は角倉が就職留年をしていたという事実が判明しました。就職のためとはいえ、四年も留年したようです。普通なら爆笑、または苦笑ものですが、就職失敗=自殺となるような世界なのに、へこたれず就職する努力をしていることから、かなり強靭なメンタルを持っているようです。ある意味作中最強キャラかもしれません。

 

試験会場に入るカズヤたち。悪魔が自分たちの命を奪うために、能力者を送り込むかもしれないと危惧するカズヤ。

そこで悪魔の能力についての確認をしあうカズヤと厳龍斎。

現在わかっていることは、

1.悪魔の能力は能力者同士にも作用する。

2.能力者は能力発動の瞬間を認識することはできる。

ということ。

そんなこんなで始まった今回の就職試験。形式はグループディスカッション。カズヤと角倉は同じグループに入りましたが、厳龍斎は別のグループに分かれてしまいました。そしてカズヤのグループには冒頭に現れた新キャラが。

そして肝心のディスカッションの内容は、友達の作り方。

これに厳龍斎はカズヤとの馴れ初めを思い出し、角倉は現役時代には居た友人たちを思い出し、カズヤは『トモ…ダチ ?』という疑問を浮かべたところで、今回は終了しました。

 

正直、不合格=死の契約を結んでいるのだから、出来る限り個人の能力以外の点で不合格を貰う可能性のある試験はスルーした方がいいのですが、そういってはお話が進まないわけで。

今の時代考えられる試験は全てやることになるのかな? 途中から闇のゲームよろしく、よくわからない試験などが出てくる可能性がありますが、今のところ就活&サバイバルという矛盾しか存在しないストーリーを、面白く描けていると思います。更なる驚愕の展開を楽しみに待っています。