読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

映画紹介:Gattaca(ガタカ)についての紹介と感想_不屈の意思こそが最強。友情、努力、勝利、そして感動

こんにちは。和尚です。

今回はアメリカの映画『Gattaca』(1997年)について紹介と感想を書いていきます。ネタバレあるので注意してください。

映画の舞台は、遺伝子操作の技術が発達した近未来。出生前の遺伝子操作によって、人々は生まれる前から評価を付けられる。

そんな世界で、遺伝子操作をせずそのまま生まれてきた少年ヴィンセントは、宇宙飛行士になるのが夢であった。しかし宇宙飛行士は、遺伝子的に優秀な人間のみが付ける職業であった。

遺伝子操作を受けていないヴィンセントには当然資格がなかったが、優秀な遺伝子を持っていたが、不幸な事故により歩けなくなった元金メダリストの水泳選手、ジェロームの遺伝子情報や生体情報を買い取り、ジェロームになりすまして宇宙飛行士になるため努力していく。

しかしそこで発生するトラブルによって、彼の正体がばれかけることとなる。しかしその難局も乗り越え、彼は見事宇宙飛行士になり、地球に未練を残しながらも、宇宙へと飛び立っていった。

 

話の大まかな流れは以上になります。

この作品は言うなれば、友情、努力、勝利という、どこぞの少年誌のようなキャッチコピーを満たした名作と言えます。

遺伝子的な不利を跳ね除けるべく、弛まぬ努力を重ねていくヴィンセント。その努力はいずれ遺伝子的に優秀であった弟に勝利するまでに至ります。

ひたむきな努力をする彼に心打たれて、ただ己の遺伝子情報を渡すだけの間柄だったジェロームとの間にも友情が芽生えていきました。正体がばれそうになったときは、ジェロームは己が体を省みることなく、動かない足を引きずりながらも、ヴィンセントの正体を隠すことに尽力していきます。そしてヴィンセントを思う彼は作品の最後に……。ここは作品をご覧になって確認していただきたいと思います。

涙なくして語ることはできないシーンだと思います。

 

作中、ヴィンセントの正体に気付く人が極僅かながら存在します。彼はそんな人たちの密かな手助けによって宇宙飛行士になることが出来ました。しかしそれも、遺伝子的な不利すらも覆そうという彼の努力によって突き動かされた結果によるものだと思います。どんな不利な状況でも折れなかった彼の不屈の意思。それこそが全てを動かす原動力になっていたと思います。

 

昨今のジャンプですらなかなかお目見えできない友情、努力、勝利。それに感動というスパイスが加わったこの作品を、是非ともご覧いただきたいと思います。

 

【12/25 20時から12/28 10時まで★全品ポイント10倍★☆期間限定】ガタカ GATTACA [イーサン・ホーク/ジュード・ロウ]|中古DVD【中古】

価格:540円
(2015/12/26 15:41時点)
感想(0件)