読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

ネタバレ:『マンガONE』金曜更新分作品の感想

こんばんは。和尚です。

今回は今週金曜日に更新された『マンガONE』の作品について、感想と紹介をしていきます。

・サツリクルート

 

 WEBマンガで名を馳せ、『マンガONE』でも掲載された『ヒトクイ』の作者にMITA氏が原作として携わっている作品です。

 四つの財閥によって、政治や経済、法律に至る全てを牛耳られた日本。そこでは就活が人生のすべてを決めると言っても過言ではありませんでした。そんな歪な日本を舞台に、悪魔と契約した人間が命を懸けて、就活に挑むという、今までにないタイプのマンガです。

 主人公は蓼丸カズヤ。四財閥のうち一つである蓼丸家に養子として入った彼は、珍しい血液型のせいで蓼丸家当主の血液パックとして利用されていました。しかし不祥事によって蓼丸家が没落してしまい、利用していたと考えていた周囲の人々も離れていきました。人に利用されることが死ぬことより嫌いな少年が、人を利用することが出来る立場に返り咲くことを目的に、悪魔と契約し就活という戦場を潜り抜けていきます。

 選考から落ちた段階で死ぬという契約により一度の失敗も許されないのに、与えられた能力が『消去』という、発言を取り消すだけの能力だったり、最悪なシチュエーションから始まりますが、その能力を上手く使って就活を有利に進めて行っています。

 

 今回は、同じく悪魔と契約した就活生『木村 厳龍斎』との就活バトルを終えて、その木村に付き纏われて、家まで押し入られたところで始まります。

 前回は蓼丸カズヤの機転により死にかけた木村が、カズヤの再びの機転により助けられました。とんだマッチポンプですが、それによって一気にカズヤの金魚のフンと化しました。

 家にまで付いてきた木村ですが、カズヤの隣人、角倉と意気投合します。角倉は外見で木村を女性と間違えましたが、彼は思いっきり男ですのであしからず。

 その後木村から命を救ってくれたお礼を言われました。彼には帰るべき家族が居ました。そのお礼をお門違いだと断ずるカズヤ。彼の脳裏には血液パックとして使われている自分の姿が。

 そして悪魔たちも、カズヤを排除するために暗躍していきます。

 ここで今回のサツリクルートは終わります。

 

 前回では、上手く能力を使って面接で圧倒し、なおかつ敵能力者である木村を死の淵から救いました。その一連の流れは見事の一言でした。

 そしてそのせいで悪魔から命を狙われることとなったカズヤ君。これからもまだまだ受難がありそうですね。

 

・モブサイコ

 

 超能力を持った普通の少年の、少し普通とは違う日常を描いたマンガだったのですが、今となっては完全にバトルマンガになってしまったマンガです

 アニメ化が決定したばかりのモブサイコ。現在は『爪』と呼ばれる組織のボスと、モブが激闘を繰り広げています。これまで全力を出せばそれで終わっていたのに、ボスは倒れません。友人や弟、師匠などもその戦いを見守ることしかできません。

 ボスの力に防戦一方かと思われていたが、そのモブの様子に異変が……。

 という所で今回は終わりです。

 

 アニメ化が決まったばかりですが、そろそろマンガとして終わりそうな雰囲気が出てますね。闘いは既に最終決戦のものです。これまでの闘いで街の被害も相当なものになりましたが。

 モブはこのままいつも通りのモブに戻れるのでしょうか。

 

これにて記事を終わります。