和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

ネタバレ:『マンガONE』水曜更新分と木曜更新分

こんにちは。和尚です。

今回はマンガアプリ『マンガONE』で、今週水曜と木曜に更新された作品についての感想を書いていきます。

昨日のうちに水曜分だけでも更新したかったのですが無理でしたので一つに纏めました。

では水曜分から

 

・マギ シンドバットの冒険

 

 こちらは週刊少年サンデーで連載されている『マギ』のスピンオフで、正統な前日単にあたる作品です。

 マギに出てくるシンドバットの若かりし頃の活躍を描いた作品になります。

 自分はこちらから『マギ』に入って、本伝の方も読み始めました。

 今の章はエリオハプト王国でのお話になります。シンドリアの八神将の一人、アリババの師匠でもあるシャルルカンも確かエリオハプト王国の出身でしたね。

 今回はまだ導入部なので、大きな動きはありませんが、これからどんな騒動に巻き込まれるのでしょうか。

 

・たくのみ

 

 シェアハウスしている四人の女性たちが、楽しくお酒を飲む話です。

 正直未成年にはそこまで楽しめないのかもしれませんが、お酒のうんちくが増えて自分としては楽しみにしているマンガです。

 今回は沖縄の地ビール『オリオンドラフトビール』がメインでした。

 自分は飲んだことがないのですが、濃い味の多い沖縄料理に合う、サッパリとしたビールのようです。

 もし沖縄に旅行が行くことがあったら、是非とも飲んでみてもらいたいです。お話聞きたいので。

 

・銀狼ブラッドボーン

 

 過去、吸血鬼を倒し英雄と呼ばれたハンスという老人が、街を脅かすグリムという怪物と闘うというお話です。

 主人公が既に老人という珍しいタイプのマンガですが、それがまた味となって作品を際立たせています。また別の記事で詳しい紹介を書きたいと思います。

 今回は、35年前の吸血鬼と人間たちとの戦争の折り戦死し、グリムによって蘇生されたハンスの戦友、レイフと闘うお話でした。

 ハンスの傍には人間と吸血鬼のハーフであるココウィルという少女が居るのですが、その存在についてハンスとレイフは己が思想をぶつけ合います。ハンスはココウィルが人間の敵ではない普通の少女だと諭しますが、35年の月日が生んだ甘い考えだとレイフは一蹴します。戦時中に死んだ彼にとっては、戦争の記憶は正につい最近の出来事なのです。吸血鬼憎しで戦っていた彼らにとって、吸血鬼の血を引く少女は殺害対象でしかないのです。

 現在のレイフは街を脅かす存在になり果てました。過去人間たちのために吸血鬼と闘っていたのに、今度は人々の恐怖の対象になってしまいました。

 しかし彼にとって何より重要なのは、一等憎い吸血鬼を殺すことなのです。それで人々から恐れられても構わないのです。このことから、レイフはハンスと完全に袂を分かちます。

 しかしハンスと決別しても、なおハンスに同意を求める。そんな矛盾した思いが、彼の矛盾した存在を示しているとも思いました。

 これからの展開も楽しみです。

 

他にも水曜更新分はあるのですが、自分が読んたのは以上です。本来なら月間更新の堕天作戦も水曜更新の予定でしたが、どうやら間に合わなかったようです。残念。

 

 次に木曜更新分を。

 

・ケンガンアシュラ

 

 経済に携わるものたちが 、利権を賭けて争う『拳願仕合』、その会長の座を賭けて行われる『拳願絶命トーナメント』。32人の闘技者で行われるトーナメントの二回戦第一試合が現在描かれております。

 天才柔術家であり『絞殺王』の異名を持つ今井コスモと、警視庁最強の男、『処刑人』阿古屋清秋という対戦カード。

 前回に見せた『処刑人』の残虐ファイト。それは既に闘いではなく拷問の領域に入っていました。その拷問の最中、今井コスモの脳裏に浮かぶのは、己の師匠との訓練風景。その中で師から頂いた『今のお前じゃあ、一生俺に勝てない』という台詞。

 阿古屋との戦いのなかで強く死をイメージしたコスモは、闘いに次があるとは限らないということを悟ります。それにより今までは取らなかった闘いを取り始めます。

 今までは闘うことが好きだと思っていたが、本当に好きなのは勝つことだと自覚し、凄絶な笑みを浮かべるコスモ。

 覚悟を決めたコスモと殺すことを決めた阿古屋。二人の対峙で今回のお話は終わりました。

 

 戦いたいという気持ちから、勝ちたいという意識に変わったことで、今までの精錬された戦い方からなりふり構わないという姿勢に変わったコスモ。命がけのはずの拳願仕合で、今までその覚悟を決めていなかったのは、さほど苦労することなく仕合に勝ててしまったその天才性に一因があると思います。

  メンタル的な成長を遂げて、肉体的な萎縮が解けたとは思いますが、それまでに積み重なったダメージが深すぎるので、ここから逆転できるのか疑問符が付きます。

 試合はまだ終わらず、続きます。早く木曜日来てくれ。

 

・テラモリ

 

 スーツなどを売るアパレル系のお店『テーラー森』で働く大学生の陽ちゃんが、四苦八苦しながらバイトを通して成長するお話です。

 前回、副店長平尾からの宿題とテストをこなすことが出来なかった陽ちゃんが、反省しながら頑張るのが今回のお話です。

 バイトと学業を両立するのは無理だと思っていますが、渡されたマニュアルを見るとそこには副店長によって分かりやすくポイントが書かれていた。

 少しでも見れば出来たかもしれないと反省する陽ちゃんが、頑張って勉強していきます。

 

 学業とバイトを両立するのは大変ですし、本来なら持ち帰るべき仕事ではないと思います。しかしバイトを経験したことのある人なら、少なからず共感できる作品だと思います。陽ちゃんや周りのキャラのおかげで暗い感じが少ないですし、読みやすくバイトあるあるマンガだと思っています。

 

以上で、木曜更新分を終了します。

今回はこれにて失礼。ありがとうございました。