読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

番組紹介:『クレイジージャーニー』についての感想

こんばんは。和尚です。いつもより少し遅い時間での投稿になります。

本日は『クレイジージャーニー』という番組についての感想を書きたいと思います。

この番組はTBS系列で放送されているもので、普通の人とは異なる価値観や目線で世界や国内を旅している、番組内で『クレイジージャーニー』と呼ばれている人たちを紹介するといった内容です。

司会は松本人志と設楽統、小池栄子の三人で、毎回ゲストとして招かれるクレイジージャーニーの方々とトのークや紹介VTRを見たりしています。

 

特徴は何と言っても、クレイジージャーニーの方々。これが例外なく、皆さん本当にクレイジーなんです!

常人じゃまずしようと思わないようなことを、彼らは当然のように行います。

躊躇なくマンホール住人や麻薬農場に取材に行くジャーナリストもいますし、チェルノブイリを初めとした廃墟や奇界遺産なる風景を、ドローンを使って写真を取るような写真家もいれば、マサイ族に嫁いだ女性も出てきます。

その中でも特に印象に残った二人紹介します。

一人は吉田勝次さん。彼は人類未踏の洞窟を探検する洞窟探検家です。彼が探検する世界はとにかく狭い! 匍匐前進は当たり前! ときにはつっかえて身動きとれなくなることもあるそうです。閉所恐怖症の自分には想像するだけで末恐ろしいものがございます。

洞窟は行き止まりだったり、水没していたり、垂直にしか進めなかったりと様々なことがありますが、個人的に一番面白かったのがトイレ事情です。

こちらは番組をご覧に頂けたらと思います。

 

もう 一人は『グレートジャーニー』と呼ばれる探検家・関野吉晴さん。内容は人類が初めて日本列島に進出した航海ルートの一つを旅するというものでした。それだけなら何も問題ないのですが、彼はその全てを当時と同じ状況で行きます。全てというのは、船やそれの製造に関わるもの、航海に関わるもの、その全てです。

当時に金属製の船はないので勿論木造船。その木を切るための斧は、海岸の砂から砂鉄を集めて作ります! 勿論鍛造です。木造船といっても組み立て方式ではなく、巨大な木から掘り出して船体を作成します! 船にエンジン? 方位磁石すら使っておりません(笑)。

そのためその船を出すだけでも長い時を掛けていきます。その計画が成功するかどうかは……こちらも番組をご覧ください。

 

クレイジージャーニーの名前に偽りなし!

とにかく一回でも見れば嵌ること間違いない番組なので、放送される地域であれば是非ともご視聴していただきたい!