和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

『日刊!土塚理弘劇場!』と化した土塚先生のツイッター マテリアル・パズル再開の目はあるか?

以前、月刊少年ガンガンで『マテリアル・パズル(通称マテパ)』という作品が連載されていました。

作者は土塚理弘先生。『バンブーブレード』という作品の原作をしていたという方が、通りがいいかもしれません。

 

日刊土塚劇場と化した、公式ツイッター

その土塚先生が一年ほど前からツイッターをやっております。

twitter.com

 

新連載などの情報も(極まれに)発信しているのですが、現在メインとなっているのが、『読者投票によって選ばれたキャラの一枚絵のUP』です。

毎日4択で、土塚先生の歴代作品(昔の読み切り含む)のキャラクターの中から一人選ばれて、それを書き上げ投稿しているのです。

まさに日刊土塚劇場です。

 

現在もゲッサンの方で『マスターグレープ』なる作品の原作もやっているため、仕事自体はちゃんとしております。

過去にあった、月100ページ越えの仕事量から考えると、今はかなり余裕がある状況なのではないかと類推できます。

ただ一言物申すとするなら、『この内容ならブログのほうが良かったんじゃないですかねぇ?』という点だけだろうか。

 

新連載の情報はあるが……

さて、ここで僕が一番気にしていることを伝えます。

ズバリ、

マテリアル・パズル』の新章再開はあるのか?

ということです。

 

過去連載していたと冒頭で伝えましたが、この作品、未だ完結はしておりません

第4章をやるための休載期間に入り、そのままフェードアウトしていったのでした。

 

その間にも、第3章をやったり(当初、3章を飛ばして4章からやる予定であった)、第0章をやったりしていたのですが、その後はズルズルと音沙汰もないまま、しかし本人は別の仕事をやっている状態でした。

まるで藤沢と〇る先生ですね。『TOKKO 特公』の再開待ってます。

 

そんな状態だったのですが、先程のツイッターでは頻繁にマテパ作品のキャラクターが選択肢に上ってきたりします。

 

これはもしや再開あるんじゃ?などとファンの期待を膨らませていたのですが、その辺の情報は一切なし。

果たして、作品の完結を見られる日は訪れるのでしょうか。

 

現在、いくつかの新連載の抱えているらしく(マスターグレープもその一つ)、二つ以上の新連載の存在を仄めかしています。

その中にマテパが入っていることを期待しつつ、土塚先生のツイッターを監視していきたいと思います。

 

最後に最新の一枚絵

2016/12/06、AM2:00現在、最新の一枚絵はこちら

https://pbs.twimg.com/media/Cy6rE_dUQAAGMMO.jpg

 

まさかキャラクターではなくて、キノコの時にこのブログを記事を書いてしまう。

 

タイミングわるー!!

そう言えばブログを初めてそろそろ一年か? はてさて、おいくら万円稼げたのかな?

月日が経つのは早いとは言いますが、ブログを初めてそろそろ一年が経とうとしています。

 

ここで、一年間における『Google Adsence』の収入を発表したいと思います。

さーてどれだけ稼げたのかなー?

緊張の瞬間……。

ダラララララ

ドン!

 

収入総額

2327円

 

\(^o^)/

 

え? えええぇえぇ? 

たったの2000円ぽっち? 何で?! 

 

月収に換算すると、200円弱。

 

戦後か!

 

もう訳が分からないよ!

 

とはいえ、理由は分かるんですけどね。

SEO対策はロクにしていないし、ブログのテーマも滅茶苦茶。

頻繁に更新しているわけでもなく、バズった記事など皆無。

 

そりゃ収入も増えませんわ。

 

『そんな収入ばっかり気にするなよ』という方も居るかもしれません。

そんな方々にはっきり言います。

 

気にするよ!

 

そもそも僕がブログを始めたきっかけも

『へえ、ブログって上手くいけば儲かるんやな。やってみっか(ホジホジ)』

という不純100%中の100%の理由ですもん。気にしない理由がない。

 

ただこの一年ではっきりわかったことが一つある。

『僕はブログじゃ稼げない』ということだ。

だって月200円って、小学生が家事のお手伝いをして手に入れる額を下回ってるでしょ。

ホント泣けてくるね。

 

だからといって、『ブログで稼げないなんて僕はなんてクソ野郎なんだ。死のう』などという考えは一切ない(そこまで考える人も少数だろうが)。

僕はブログで稼ぐ能力がないだけで、それなら別の方法で収入を手に入れればいい。実際就職しているわけだし。

またブログで稼げないのは『現在の僕』であって、ここから努力すればいずれもっと稼げる可能性は出てくる。

 

能力が欠けていて、またそれを改善する努力が出来ないのならば、ブログを飯のタネとすることは出来ないのだ。

そのような人物はあくまで趣味の範囲内としてブログを更新していくのが正解なのではないだろうか。

 

僕はブログで稼ぐことは出来ないし、稼ぐ努力も恐らくしないだろう。そのくせ稼ぐ人に妬み嫉みを抱いてしまう。

だから僕は他人の収入報告を見ることを止めた。

ブログも収入も人それぞれ。それで怒るのなんてバカらしいが、それでも自分以上の収入を得ている人間を見ると、ついつい怒りを抱いてしまうのが僕という人間だ。

kopelani.hatenablog.jp

 

例えそれが、月収1000円だったとしてもね(怒怒怒)

12月になったぜぃ! やり残したことはないか!?

泣いても笑っても2016年も残すところ一ヶ月!

今年こそはと思って、やり残したことなんかはないかい?

 

就職という人生の大きな変わり目を迎えた今年、自分は様々なことをやろうと決めていた!

それが達成できたかどうか、確認していくんでよろしくぅ!

 

ダイエット

まず最初にこれ!ダイエットだ!

就職が決まり卒業が決まり、友人と遊ぶため以外では外に出なかったツケが回ったのか、4月を迎える時には、体重は三ケタの大台に乗っていた!

元々太ってはいたが90キロ中盤を維持し、0.1トンという不名誉な称号だけは手に入れない様気を付けていたというのに、入社式直前となってまさかの事態を迎えていた!

 

そして体重に相応しい丸々とした体形となっていた僕に、社会の風はとても冷たかった。

社会人の標準装備であり戦闘服であるスーツ。これを着なければ色々とお話にならないというのに、そんな僕に会うスーツがデパートにないのだ!

当然、大きい人専門の衣料店に行かざるを得ないのだが、そこのスーツがまあ高い!

そのお値段一着、約5万円! 目が飛び出るかと思ったよ! デパートに売ってるスーツなんて安ければ1万円台の物もあるっていうのにだよ!

 

そのスーツは、親が最後のプレゼントということで購入してくれたが、何とも申し訳ない気持ちになったよ。

これが身長のせいとかなら良かったさ。190cmを超えてるならむしろ誇らしげに購入も出来たと思うよ。親に対しても『デカい子供作っちまったな(笑)』などと冗談を言えただろう。

だがこれは完全に身から出た錆。不摂生の極みによるものだ。誰のせいかというと間違いなく僕のせいだ。

それなのに親に大きな負担を掛けたりしてしまって、本当に居た堪れない気持ちとなった。

 

だから僕は社会人となったら、ちゃんとダイエットをしようと心に誓った。

身長から割り出した適正体重に向けて、30キロの減量を決めたのであった。

今年が終わるまでに、それを達成しようと決めたのが4月のお話。

そして現在、4月時に比べて僕の体重は……

 

20キロダウン!

ダイエットは成せれど目標には届かず!

失敗!

 

え? 『残り一ヶ月あるじゃん』って?

いやいや、約8ヶ月掛けてやっとのこと20キロだよ。

単純に考えたら、10キロ減らすのに4ヶ月は必要ジャン。

しかも大変なことに、体重が減るにつれて中々減量しないでやんの。

目に見えて変化が感じ取れた前半はそりゃもう楽しかったけど、変化を感じ取りづらく今となっては苦行となってきている。

結論から言うと、今年中は無理だ(断言)。

 

しかしまあ、急激に体重を落とすのも体に悪いしさ。

残りの10キロは、長い目で見て減らしていくから勘弁な。

 

あ、親からのラストプレゼントであるメチャデカいスーツは現在箪笥の肥やしとなっておりまする。

 

株取引

給料というデカい金をどう使うか。

それが社会人になる前に考えていたことだった。

貯まっていく貯金通帳を見るのもいいが、ただ眠らせておくのはもったいない。

そうだ、株をしよう!

 

というのがきっかけで、株取引をやることを決めた。

これに関しては以前の記事で書いている通り、恙なく行えている。

後は大損を出さないようにするだけ。出たら死ぬだけ。

よって、

成功!

 

水泳

最初のダイエットと通じるところがあるが、これだけはかなり前から決めていたことだった。

何を隠そう、僕は泳げなかった。

小・中学校の水泳の時間、25mを泳ぐことは出来なかったのだ。

フォーム自体はそこまで間違っていないとは思うが、『息継ぎってどうやるんですか?!』状態だったのだ。

車で言えばアクセルは踏めるしハンドル操作も出来るが、何故かブレーキが踏めないようなものだ。

そのため、僕は長らく泳ぐことは出来なかった。

 

しかし!
社会人となり出来た金で、スポーツジムに通うことにした僕は、そこで水泳の教室に参加することによって、25mを泳ぐことが出来るようになったのだ!

 

クロールは出来ないけどね!

 

いやもう、息継ぎは出来るようになったけど、耳に入ってくる水がどうも受け付けられない。無理だ。

それさえできればクロールでも25m泳げるとは思うのだが……。

 

泳げるようになったのは平泳ぎです。平泳ぎ楽しいです。

平泳ぎしすぎて腰痛になったのは苦しいです。

 

平泳ぎは出来るようになったが、密かに第一目標であったクロールは未だできず。

よって

失敗!

 

これは残り一ヶ月で挽回できる可能性があるが、やはり期待薄と言わざるを得ない。

 

料理

社会人となり、人生初の一人暮らしを始めた僕。

ということで、やはり料理ぐらいできるようにならねば。と思っていたのが今年の3月までの話。

4月からは慣れない環境でそれどころではなく、慣れたら料理には手すら付けていない。

買い食い買い食い&買い食いだ。

 

野菜もサラダパックを購入して食べ、肉類も惣菜となったものを購入して食べ、朝は購入したシリアルに購入した低脂肪乳をぶっかけて食べ、夜は購入した缶詰および惣菜を食べる。

そんな生活だ。唯一やっていることは実家から持ってきた米を炊いていることぐらいだ。自炊という意味ではやっていると言っていいだろう。まさしく炊いているだけだが。

 

『料理ぐらいしろよボケナスが』だって?

いや、なんだかんだ野菜とかも高いし、生ごみは出るし、洗い物も出る。ガス代もプロパンだからガッツリ使うとバカにならない。

費用と手間すなわちコスパの観念から、買い食いがベストであると断言する!

何より近場のスーパーに、20時を過ぎたら惣菜を半額で売ってくれるところがあるのが大きい。

半額ウマウマ、です。

 

よって

失敗!

 

友達作り

今まで住んでいたところから離れたため、知り合いと呼べる人は当然いない。

というわけで、現地での友達作りを実行!

そのために、出不精の僕が街でのイベントに参加してみた。

そこでなかなかパリピっぽい奴と知り合うことが出来た。

会社とはまったく無関係の初めての知人が出来た。

よって

成功、ではなかった。

何回か一緒に遊んでみた結果、そいつはマルチ商法の手先だったことが判明。マルチに勧誘されたのを機に、すぐさま縁を切った。

ボッチ生活に逆戻り。

よって

大失敗!

残り一ヶ月あるが、街で見かけるのは恐らく男女のペアであることは想像に難くない……っ!(血涙)

 

気になる総合戦績は……

今年の目標達成の戦績は。

ドゥルルルルル、バン。

1勝4敗

 

いやぁ、惨敗ですね。特にマルチなんて、僕の心に人間不信のタネを植え付けただけで終わりましたよ。資産方面で言えばプラスなのでしょうが、僕という一個の人間においては間違いなくマイナスとなった一年でしょう!

 

不倫や大麻など、暗い話題でスタートした2016年。今年の最後を飾るのがスマップの解散ということも考えて、日本全体が厄年みたいな感じでしょうか。

それと同じように、マイナスとなって終わるであろう僕の2016年。

まあ今年本厄だし、仕方ないよね。

 

来年の2017年には、どうか明るい話題で満ちていますように。

 

あ、来年後厄だったっけ。

 

ダメやないか~い!

ルネッサ~ンス!(チーン)

年末まで後一ヶ月。ということは、そろそろ『玄人のひとりごと』の時期ですね! 年末版『玄人のひとりごと』の二次創作紹介

今年も残すところあと一月というところになりました。

一年の間に色々なことが起こったということは感じますが、じゃあ何が起こったかというと、なかなか全ては思い出せません。

 

そんな時は『玄人のひとりごと

そんな一年の時事ネタを振り返る作品がかつて『ビッグコミックオリジナル(小学館)』にて掲載されていました。

その作品とは『玄人のひとりごと』。

毎年年末になると、一年間に起こったことを麻雀に絡めつつ総ざらいしてくれました。

玄人(プロ)を自称し、あらゆることに対して一流であることに強いこだわりを持つ流離いのプロ雀士、南 倍南(みなみ ばいあん)を主人公とした作品です。

 

残念ながら作者の中島 徹先生が2011年に逝去されたため、作品は最終回を迎えず中断・終了という形になっています。

 

現れる、玄人の意思を引き継ぐ者たち

先生の逝去と共に、この世から一人の玄人が居なくなりました。

しかし!

その玄人の精神を引き継がんとする人たちが現れたのでした!

その方たちは年末になるとフラリと姿を現し、作品を投稿していくのです。

そんな玄人の方々が作られた作品を今回紹介していきたいと思います。

 

通常版 玄人のひとりごと

作品名:【短編連作】玄人のひとりごと 年末版【ネタ】

投稿先:arcadia

こちらは作品通りの面子で卓を囲んで麻雀をするお話となっております。

登場人物および作品の雰囲気をとてもよく再現できており、そのため原作を知っているという方なら苦も無く入り込めるものとなっています。

2012年から続いており、今年の更新も期待しております。

 

 

やる夫版 玄人のひとりごと

玄人のひとりごと ~○○年バージョン~ | やる夫 Wiki | Fandom powered by Wikia

上のリンク先には、やる夫スレにて投稿された年末麻雀のお話が保管されております。

原作とは異なり、やる夫たちが倍南と卓を囲むお話となっております。

登場人物自体は違うのですが、それでも原作同様の良いテンポでお話が進んでおり、またAAを多用することにより場面や手牌の把握などがしやすくなっており、原作を知らない方でも入り易い作品となっています。

意外とAAでのダンナ(南倍南のこと)の再現率が高いことに驚きました。

 

今年も投稿されるのか?という不安

これらの作品は決して何かの報酬が出るわけでなく、いわば作者様自身の玄人意識のみによって続けられております。

そのため、もしかすると今年は来ないのでは?という不安にも駆られます。

たとえ投稿を止めたとしても、僕には作者様に何か文句を言う権利があるわけではなく、また言う気もございません。

ただ、もし望外にも投稿していただけたのなら、こんな不安に駆られた僕に、是非とも次の言葉で詰ってください。

 

このドシロウトが!

『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』って番組を知ってるかい?

学校で学ぶ歴史についてはちょっと固くて詰まらないとお思いの方、居られませんか?

そんな方にお勧めなのがこちらの

『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』

という番組です。

 

番組自体は既に放送終了していますが、DVDおよびブルーレイで販売されています。

戦国鍋TV ~なんとなく歴史が学べる映像~ Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ (バラエティ) ]

価格:34,020円
(2016/11/27 20:39時点)
感想(1件)


 

戦国鍋TV ~なんとなく歴史が学べる映像~ 壱 [ 小西遼生 ]

価格:2,954円
(2016/11/27 20:40時点)
感想(35件)

 

この番組には、歴史もの特有の固さなどは一切ありません

まさになんとなく歴史を学べます。

偉人を題材にした数々の音楽グループ、川中島合戦を元ネタにした学園ヤンキーもの、オカマバーのママが語る伊達正宗の処世術、などなど、歴史上の人物や出来事を面白おかしく描いた番組がこの戦国鍋TVなのです。

 

ただのバラエティ番組として見るのも全然ありです。ですが僅かでも予備知識を持ってたりすると、より一層面白く見れる、かもしれません。

 

一人でも多く、鍋TVの歌を歌える人が増えたらいいと思って作った記事です。

是非とも『敦盛2011』だけでも聞いてもらいたい!

www.youtube.com

初の株主配当金&優待券を手に入れたぞ!

今まで黙っていましたが、社会人となったのをきっかけに株取引というものに手を出し始めました。

毎月貯金額の半分ほどを投資に回して、株を買ったり売ったりしています。

今はトランプバブルということもあり所有している株の大半の株価が上昇してウハウハモードですが、これがいつ弾けるのかとヒヤヒヤモードでもあります。ヒラリーさんにも逆転の目が残っているっぽいですし。

取引スタートした今年の八月からトランプ氏当選までの間に一万ほど勝てており、まあ悪くない滑り出しだと思っています。

 

そんな中、遂に自宅にやってきました。

配当金のお知らせ&株主優待券です!

 

株を買ったり売ったりして僅かながら儲けを出していますが、この株主へのお知らせというものはそれとは違った感動がありました。

正式に配当金が振り込まれたという旨の文書、それと同封されていた株主優待券(今回はクオカードだった)を見ると、思わず「おおっ!」と声が出てしまいました。

やっぱり現物があると感動が違いますね。

 

これからも頑張って働いて稼いで、株主配当のみで生きていけるようになりたいです(おい待て)。

俺がスリザリン生なら間違いなくブチ切れてる

金曜ロードショーでの二週連続ハリポタ祭り。

その第一夜である『~と賢者の石』が先ほど放送されました。

 

ハリポタはそこまでファンではなく、映画も何回か見たはずなのですがあまり記憶に残ってませんでした。

ちょうど第一作ということなのでじっくりと見てみたのですが

 

 

スリザリンへの風当たり、強くない?

 

いや本当に。

最初の寮決めの時、ハリーはロンの言葉を受けてスリザリンを全力拒否しますが、その理由が『悪の魔法使いを沢山排出したから』というもの。

しかも帽子は隠すことなく、大っぴらに公言しますが、スリザリン生は確実にいい顔しませんよね。寮という親しみや親近感を持ちやすい場所を貶されたのですから。多感な時期な子供ならなおさらです。

 

まあここはハリーも子供ですから多目に見ましょう。

日本で言うならヤンキーやヤクザを沢山産んだ高校に進学させられかけた、という感じでしょうか。

 

でも何よりアカンのが、最後の最優秀な寮を決めるパーティーでのダンブルドア校長の行い。

スリザリンが一位であるとぬか喜びさせたあと、グリフィンドールに逆転優勝を与えたのだ。

作品の主人公がハリーである以上、このようなカタルシスを生む場面(散々いがみ合っていた敵役の鼻を明かす)が生まれるのは仕方のないことなのかもしれない。

だが俺がスリザリン生ならこう思ってることだろう。

 

一位じゃないならハナからそう言えジジイ!

 

まるで当てつけのように、グリフィンドールの栄光を際立たせるように、暫定一位を与えられた彼らの苦悩は如何ほどであったのか。

そりゃドラコくんもキレますよ。ぬか喜びもいい所ですもん。

 

作中では嫌われ者の立場を与えられていたが、そうなった原因は周囲の人間たち(スリザリンというだけで忌避する子供たちや、まるで当て馬のように扱った先生など)にもあると思う。

普通に一位取れるくらいには、真面目かつ優秀な生徒みたいだし。

グリフィンドールはトラブルを起こして評価されたという、一種のマッチポンプだし(ハリー行かなきゃ賢者の石のゴタゴタもなかったわけだし)。

 

 

第一作目の感想

ハリー少年は中々に無礼だった。

ハリーはまずスネイプ先生に謝罪しよう。な?