和尚の日記

マンガやゲーム、映画など自分が見たものの感想や紹介をしていきたいと思います。

思考の守破離 これ社会人必須スキルじゃね?

誰も見てくれている人は居ないだろうけど、久々のブログ更新。

前回更新が2018年6月。

あれ?まだ一年経ってないじゃん。ヨユーヨユー♪

などと考えている僕の心の中には悪魔が住んでいるのでしょう。

 

長期出張等で仕事の内容や職場の雰囲気が変わり、時間を確保できなくなってきたわけです。

もう少しうまく時間を節約できないかなぁ、と考えて最近は速読トレーニングなどに手を出してきた始末。

そんななか読んできた本のうち、面白いなぁと思う本があったので、今回はそれを紹介していきます。

え?速読は身に着いたのかって?

聞くな。

 

要旨

思考の守破離=思考の三段階。

守:情報をそのまま受け取ること。(生の素材)

破:情報の本質を掴むこと。問題点の発見。(分解・加工)

離:新しい情報を生む。(開発)

社会に活躍するには、最低でも破までは到達したい。

レーニングにはメモ!寝ても覚めてもメモ!

本を買うのです!

 

思考の守破離

創造力について書かれた本

今回紹介する本は2冊。

一つは『思考を鍛えるメモ力(斉藤 孝:著)

もう一つが『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』(上田 正仁:著)

(以下赤色で書かれた部分は上、青色で書かれた部分は下の書籍から引用していることを示す)

 

どちらも思考や考える力について書かれた本です。

何故この二つをチョイスしたのかというと、

あれ?俺、仕事で使えなくね?

などというネガティブな考えが浮かんできたためです。

 

そもそも時間が確保できないのは自分が効率的に仕事なんかが出来てないからじゃないか、などと考えていました。

職場環境が変わって、仕事内容が変わったのだから、出来なくて当然と言えば当然なんですが、これは出張が終わって落ち着いた今だから思う事であって、当時はそこまで考えてなかったんですよね。

 

それで買ってみたはいいものの、時間がないから積んだ状態で窮地脱出。余裕が出来てから読書を開始。ついでに速読トレーニングを初めたというのが、今までの流れです。

 

さて、肝心要の内容なのですが、これが凄くタメになりまして。

というのも、今までやってきたことを、現在やっていなかったことに、この本を読んで思い知らされまして。

こういう内省できる所が、この手の本の良い所なんだな、と思った次第です。

 

この二つの本は細部は当然違うのですが、大きな部分では似通っていると僕は考えています。

なぜなら両方が創造力の獲得をゴール地点としており、そのプロセスがどちらも三段階に分けられており、そしてそのトレーニング法も共通であったためです。

 

そして僕はその三段階を、思考の守破離としました。

以下それの説明をしていきます。

 

思考の守=守りのメモ力・マニュアル力

先程、二冊とも思考や考える力について書いた本だと言いましたが、より詳細に言うと共に、メモに重点を置いた思考力を鍛え方が書かれた書籍です。

それはつまりそれだけメモが大事だという事の裏返しでもあります。

メモこそが創造力を身に着けるツールだとしているわけですね。

思考を鍛えるメモ力東大物理学者が~』ではそれぞれ、その思考の守。つまり初歩の初歩として、守りのメモ力マニュアル力があると定義しています。

 

これは言い換えれば、黒板の板書をそのままノートに書き写す行為であり、知り得た情報をそのまま受け入れる行為のことです。

 

情報を加工などせず、ありのまま受け入れる、覚えただけですので、応用が利かない知識。

試験やテスト、限られた条件下でしか使えない知識ということになります。

 

これが思考の第一段階目、守に当たる行為です。

とにかく吟味などはせずそのまま情報として覚えていく。

恐らくこれは学校で勉強している人なら身に着いている力でしょう。

つまりはおおよそ大勢の人は、この段階までは自然と至っているということです。

 

思考の破=攻めのメモ力・考える力

ここからは学校ではあまり教えてもらわない、思考の破について。

先程の思考の守は基礎として大事ですが、ここで止まっている人も多いのではないかと思います。僕もそうでした。

教わったことをそのまま受け入れ覚えるのが思考の守。これは両著において基礎として共通した部分でした。

 

二冊の本の中で思考の破に当たるのは、攻めのメモ力考える力です。

攻めのメモ力』とは、メモの内容に、感想やコメント、疑問に思ったことなど、自分が感じたことを付け加えてメモする行為のことです。

つまり、教わったこと=他者からの言葉だけでなく、同時に自分の言葉も残しておくということです。

 

そして『考える力』とは、物事の本質を掴むための力を指します。

本質を掴む力とは、大事な点・必要な点を見抜く力です。

それは当然、他者から受け取った言葉に対しても有効な力になるわけです。

その本質を掴むための鍛え方として、上田氏もまたメモが重要だと語っています。

 

上記二つは言葉こそ違うかもしれませんが、共に物事の理解を進めていく=本質を掴むための力であることは間違いありません

 

社会においては、この本質を掴むという行為が必要になってくるのです。

誰かに何かを伝える時、無駄な情報が入っていたり、逆に言葉足らずになってしまうことというのは多々あります。

しかしこの本質を掴むことが出来ていれば、相手と正確な情報交換が出来ることでしょう。

正確な情報伝達ができれば、社会人として一人前と言えるのではないでしょうか?(つまり僕はまだまだ半人前だった?)

 

またこの本質を掴むことにより、その問題点がどこにあるのか、何が問題なのかを見つけることが出来るとも書かれています。

そしてこれが、最後の最後、思考の離へと繋がっていきます。

 

思考の離=クリエイティブなメモ力・創造する力

考える力の最終段階として、両著者とも、新しいことを作る力を上げています。

思考の離とはすなわちそのことです。

新しい事とは、既存の中からまだ見つかっていない別のことを見つけること。すなわち既存からの脱却ともいえるので、守破離の離に相応しい力と言えるでしょう。

それを著者は『クリエイティブなメモ力』、創造する力と定義しています。

 

クリエイティブなメモ力』では、もはやメモの大半を自分の疑問点で埋め尽くしていきます。場合によっては、会話や物事についてはメモしない場合もあるとか。

そのように、自分の言葉=自分の考えでメモしていくクセを作ることによって、自らの中から新しい何かを生み出していくのが、この力です。

これは先ほどの思考の破に当たる『攻めのメモ力』を更に発展させた力ということです。

著者の斎藤氏は、この力を更に発揮させた力を『鬼のメモ力』と表現しています。

 

創造する力』とは、『考える力』で誰も見つけていないを問題を見出し、それ解決法を独自に作る力を指しています。

こちらも思考の破である『考える力』なくして発揮されることのない能力です。著者の上田氏は、この二つの力は表裏一体であるとして、『考え、創造する力』として定義していました。

今回のブログ記事では、『考える力』単体でも社会での活用が見込めると考えたため、(あと守破離に当てはめたかったため)、分けて扱わせていただきました。

 

この『考え、創造する力』は、『問題を見つける力』、『解く力』、『諦めない力』に分解されます。

より詳しい話は、書籍の方をご覧ください。 

 

思考の守破離のまとめ

以上が、思考の守破離です。

情報や物事を素材に例えて簡単に纏めますと、以下のようになります。

 

守:情報をそのまま受け取ること。(生の素材)

破:情報の本質を掴むこと。問題点の発見。(分解・加工)。

離:新しい情報を生む。(開発)

 

社会人の必須スキルでは?

社会と学校の一番の違いは、正解がないことではないでしょうか?

正しくは、『正解は沢山あるが、唯一無二の絶対的な正解はない』といった感じでしょうか。ルールで雁字搦めになっていそうな業界ならそうとは限らないかもしれませんが。

学校式の『覚える』タイプの勉強(思考の守)では、なかなかガッチリと答えが出ないことが多いと思います。

ですが、問題の本質が何なのかさえわかれば(思考の破)、それを解決するように動くことが正解になります。

問題の本質が何なのか、それさえ把握できていれば、頑張る方向が分かるわけです。

研究者となると既存のものとは違う新しい何かを生み出す(思考の離)ことが仕事になるわけですが、他の仕事でそこまで求められることは稀だと思われます。

 

以上のことから、社会人になる人は、せめて思考の破の段階までは行っておけば苦労がすくないかもしれません。

また、出来てない人も今から頑張って身に着けていきましょう。

 

鍛練法はメモ!ひたすらメモ!

ここまで読んでいただいた方には、『思考の守破離は大事なんだな~』と何となくでも思っていただけたものだと信じています。いや切実に。だって思われなかったら僕の文章がミジンコみたいってことになるじゃん 

 

『大事なのは分かったけど、じゃあどうやって身に付ければいいんだ?』

そう思われた方も多いはず。思ってますよね?思われなかったら僕の文章がミジンコみたい(ry

 

レーニング方法は至極簡単。

メモ!ひたすらメモ!

 

とにかくメモをしつづけることです。

会話の内容、読んだ本の内容などをメモしていき、その時感じたこと、感想や疑問点なんかをひたすらに書き出していきましょう。

とにかく自分の言葉をひねり出すこと。相手の言葉を加工することを意識していけば院だと思います。

 

僕はとにかくそうしようと思います。

そのメモ練習の手始めとして、紙に本のことを書いたメモを基にして、今このブログ記事を書いています。

 

まあ詳しくは、本を買って読んでね。

 

最後は強引な絞めになりましたが、以上です。ありがとうございました。

 

社員は歯車であり、それは4種類ある

お久しぶりのブログ更新となります。和尚です。

部署を異動して本格的な業務が始まって以来、時間がまともに取れなくなりました。
それに伴い、ストレスがマッハで溜まっていってます。

新しい部署での仕事を1ヶ月程度ながら経験してみて、僕が思ったことを書いていきます。

続きを読む

BS日テレの新番組『渡部の歩き方 グルメ王の休日』は、見る人を選ぶ番組だった。

新年度に入って、地上波もBSも新番組が目白押し。

今回ネタにする『渡部の歩き方 グルメ王の休日』も4月から始まったBS日テレの新番組です。

 

新番組なのですが、どうやらHULUで配信されていたものを放送しているみたいです。

番組途中でHULU視聴の方限定のお店紹介も入ったりします。

全部見たい方はHULUで視聴することをおススメします。

続きを読む

新番組『芸人先生』を視聴した感想_営業にも使えるお笑い芸人の技術をあなたに

四月に入り、テレビも新番組が多く始まる時期となりました。

今回はNHK Eテレで新たに始まった『芸人先生』という番組の感想を書いていきます。

続きを読む

僕が知っているガラケー唯一の裏ワザ

ガラケースマホに淘汰されて久しい世の中。

会社用携帯電話としてガラケーを持っていますが、個人用では大半の人がスマホに乗り換えていると思います。

もはや個人が所有するには絶滅危惧種と呼んで差し支えのない存在となっています。

 

そんなわけで(何が?)、今回は僕が知っているガラケーの裏ワザを紹介します。

10年後、『ガラケーなんて触ったことねーよ』という今の少年少女が働きだしたときにでも見て貰えればと思います。

それまではスマホを淘汰するような通信機器が出ないことを祈るばかりです。

 

とはいえ、僕が知っている裏ワザはたった一つ。

詳しい人なら「何言ってんの?w」的な技かもしれませんが。僕の周りでは誰一人知っている人が居なかったので裏ワザ認定しています。だから『知ってるし』と思ってても鼻で笑わないように。

それでは早速僕が知っている裏ワザを紹介します。

続きを読む

初めてのスーパー銭湯で初マッサージを受けてみた

つい先日、初めてスーパー銭湯に行ってみました。

スーパー銭湯というのは、お風呂だけではなく食堂や理髪店などが併設された入浴施設のことです(Wikipedia曰く)。

 

仕事で訪れた愛媛県にある『喜助の湯』というお店を今回利用しました。

しまなみ温泉 喜助の湯

↑お店のHPです。

続きを読む

『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』は、はっきり言って期待外れだった。(ネタバレ含む)

2週間前に公開された、『劇場版Infini-T Forceガッチャマン さらば友よ』

 

www.infini-tforce.com

 

僕はこれを公開初日に見に行った。

2週間経過して、そろそろネタバレしてもいいかと思ってこの記事を書いている。

 

僕の感想は、既にタイトルに書かれているが、もう一度言わせてもらう。

はっきり言って期待外れだった。

 

Infini-T Forceとは?

Infini-T Forceとは、タツノコプロの歴代ヒーローたち(ガッチャマンキャシャーン、ポリマー、テッカマン)がそれぞれの世界観を保有しながら、新たな世界を起点にクロスオーバーしたCGアニメ作品である。

2017年秋から1クール、テレビで放送されていた。

この映画はその続編として作られている。

 

ガッチャマンキャシャーンは名前しか知らない、ポリマーとテッカマンに至っては存在すら知らなかった僕だったが、このテレビアニメは凄く面白かった。

前情報なく視聴した時はCGアニメということでまず驚き、そこにガッチャマンが出てきたことでさらに驚き、1話の最後にキャシャーンが出てきたことでも驚いたが、それ以外はすんなりと受け入れることが出来た。

ネットで調べてみるとタツノコプロのレジェンドが集結するという、海外で言うところのマーベル/アベンジャーズみたいなものだということが分かった。

 

そこからはひたすら視聴。

話の中身は親子の絆や愛、そして成長を描いたものだったが、そこまでに行く展開は、これでもかというぐらいに王道だった。現れてくる敵を4人のヒーローが力を合わせて撃破。

昨今稀に見る王道的ヒーローものだった。細かい所を気にさせず、ストーリーを進めていくだけの熱血ともいえる勢いがあった。

 

その勢いは最終決戦にも如実に現れていた。

敵が放った最後の大技。これを迎え撃つのは、それぞれが持つ技を一つにまとめて撃ち放たれた『科学忍法・火の鳥』。

ガッチャマンをロクに知らない僕でも知っている有名な技。今まで一回も出されなかったその技を、最終決戦に持ってきた演出はニクく、それを見た時は声を挙げてしまうほど興奮した。

 

他にもCGアニメにモーションキャプチャーを組み込むことなど、バトルに対する演出の良さなども上げられる。

 

とにかく熱くて盛り上げるのが上手い王道アニメ。それが僕の総評だった。

 

そしてアニメでこれだけの熱さがあるのなら、劇場版はどれほどのものなのだろうか。

映画を見る前に僕が持っていたその期待感は、見事に裏切られることとなった。

 

劇場版の批評

あらすじ

まず劇場版のあらすじから。(以下思いっきりネタバレ)

時間軸はアニメ終了後から。舞台となるのはInfini-T Forceに出てくるガッチャマンが居た世界とは別の、科学忍者隊が全滅した未来を辿った平行世界。

その世界が特異点となっている原因を取り除くため、最終回で一度は別れた仲間たちを集めたガッチャマンこと健。

その世界では健と同じ世界からやってきたコンドルのジョーが存在しており、科学忍者隊の最期を見届け、そして南部博士の暴走を止めようとしていた。

科学忍者隊が全滅した世界では、その生みの親である南部博士が作った兵器によって、侵略者ギャラクターを撃退することには成功していた。しかしその兵器の動力源となっているものが特異点の原因となる物で、それを使い続けていると、天変地異や出生率の低下などを招き、遠からぬうちに人間は滅ぶことが判明している。

南部博士はそれを理解していても、科学忍者隊を失った経験、そして再びギャラクターのような侵略者が現れるかもしれない可能性から、特異点の原因となる物の研究・利用をやめようとはしなかった。

南部博士を殺してでも止めようとするジョーと、殺さずに止めようとする健。二人は反発しながらも共に南部博士と戦おうとする。

特異点の原因となるエネルギーを使って変身した南部博士はヒーロー5人と互角に渡り合うが、最後には敗北を喫し、そしてコンドルのジョーに殺されてしまう。

そのジョーもまた、南部博士の技術を利用しようとした某国のエージェントによって殺害されてしまう。

ジョーの最期を見届けた健は、特異点の原因が取り除かれたばかりで不安定となった世界の平和を守るため、一人その世界に残ったのだった。

 

大体こんな感じです。

アニメ未視聴の方には分かり辛いかもしれませんが、そこはご容赦を。

もともとアニメの続きからなので、置いてけぼりになるのは仕方がないかと。

 

批評のお時間

さて、ここからが僕の批評タイム。

というか不満タイム

 

この手のアニメ映画には良くあることなのですが、序盤にアニメ放送分に関するダイジェストが入っている。

まずこのダイジェストが微妙に長い。

そもそもこの手の映画を見に来る人は、アニメを見てから来る人たちが大半だと思う。

いきなり映画から入る人は、居ても少数派だろう。

だというのに、ダイジェストにそれなりの時間を割くのはどうなのだろうと。

そのダイジェストを見ても、初見さんじゃストーリーを把握するのはまず無理だろうし。

ここはバッサリ切ってもよかったんじゃなかろうか。

というか公式サイトに『3分でわかる!「Infini-T Forceインフィニティフォース)」TVシリーズ紹介映像』とかあるなら、そっちを流しとけば良かったんじゃ。

これ↓

www.youtube.com

 

これぐらいの長さでまとまってるなら、全然問題なかったと思う。むしろこっちの方が上手く纏まっている気が……。

 

次の不満点としては、そのダイジェストの中身。

先に述べたように、ラスボスとの戦闘では4人の力を合わせて科学忍法・火の鳥が放たれた。

劇場版冒頭のダイジェストでは、割とラストバトルに対する時間が多く割かれていた。

4人の技のシーンは流れたのに、それが一つに合わさって火の鳥を放つシーンはカットされていた。

 

それを見た時、僕はこう思った。

この映画のラストは、再び火の鳥で飾るのだろうな』と。

じゃなきゃダイジェストで火の鳥を削った意味はないだろ(笑)』と。

 

ここまで言えば皆さんお気づきのはずでしょう。

そう、火の鳥は出てきませんでした

 

もう一度言います。火の鳥出てきませんでした

バトルのラストに放たれたなかっただけではなく、上映中には一回も出てきては来なかったのです

 

映画を見終った後の僕はこう思った。

何で火の鳥は出てこないのに、ダイジェで火の鳥削ったんや?! つじつま合わへんやん!』と。

 

確かに映画の中では火の鳥を出すような事態にはならなかったんですけどね。

必然、アニメ版より盛り上がりに欠ける展開になっていた

劇場版なのにね!

 

せめて映画で初登場のコンドルのジョーとの合体技でもあるのかと思ったらそれもなし。

『えぇー?』って思ったわ。

 

そうなるとそもそもの話、何でコンドルのジョーは出てきたんや?

正直、初めて予告編を見た僕の予想としては、コンドルのジョーは敵として出てくるものだと思っていました

かつての戦友が敵となって戦うクソ熱い展開かと思ってたのに。

 

話の展開からして、南部博士を殺すためだけに呼ばれたキャラみたいで何だかなぁ、という感じ。

作中でも健とジョーの正義は違うみたいなことを言っていた気がしますが、これだと汚れ仕事をジョーに押し付けただけのように見えてしまって

健も健で、あれだけ南部博士を殺すな!って言っといて、いざ南部博士とジョーの身体が揃って横たわっている場面に遭遇するとジョーの心配ばかり。南部博士には一瞥もくれずジョーの身体を抱き起す始末。

健も南部博士のことあれだけ案じてたんだから、少しは心配してやれよ、と思ったり。

 

キャシャーンなどアニメからのヒーロー3人に活躍は薄かった(特にテッカマンは酷かった)と思うけど、今回はガッチャマンジョーがメインだから仕方ないかなぁ、と。

その二人ですら微妙な感じだったけど。

 

会話が多くて戦闘シーン少な目だったのも残念ポイントだな。

 

全体のストーリーは良いものだと思うけど、もう少し濃く味付けしてほしかったなとは思う。

 

寄付だと思うことにしよう

などなど、不満点は多々あった作品なのであった。

お金無駄にしたなぁ感はあったが、次回の映画はもっといい作品にしてくれよという期待を込めた寄付だと思えば、まあいいかな

アニメ版の円盤も買ってない身からすれば、微々たるものだが、これが次回作の資金源になるなら光栄だ。

 

次回作が公開されたら?

勿論見に行きますけど?